April 29, 2006

CD購入 ’04 4/25


御茶ノ水付近への出張が多いので、ついついウニオンに寄ってしまう。
OWLの再発モノを2枚と、ポーランドモノを2枚。
1) Daniel Humair / Triple hip trip
2) Francois Jeanneau / Techniques douces
3) Piotr Rodowicz / Mingus Mingus
4) Krzysztof Popek / Groovin’ heads

1)はフリードマン(vib)、Hervie Swartz(b)のトリオ。いけないなあと、思いつつJenny Clarkと比べてる私。
なんとなく、Swartzもいつもより、エグいような気も。
2)こちらはJenny Clarkが参加。でもdsはAldo Romano。結構おしゃれ。
3)ピアノレスカルテットのミンガス集。ストレートです。
4)おそらく、今まで買ったCD,LPの中で最低のジャケットデザイン。
 何考えて、作ってんだろ。買ったのはDorota Miskiewiczの名前があったから。
 ジャケとは、180度反対のお洒落なAOR。う~む。買ってから毎日聞いてます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 21, 2006

CD購入 ’04 4/21

今日は某メーカーの製品デモ。

適当にちゃちゃ入れて17:00くらいで退散。あ~、楽チンな1日。

そのまま、渋谷のウニオンへ。
Owlの再発は1枚も無し。え~!やる気あるのかしらん。
オラシオさんのところにあった、ラベルブルー盤もないし、ファラオもない。(これは、しょうがない)

1James blood Ulmer & George Adams Phalanx / got something good for you
2 Arild Andersen / Aro
3 Cassandra Wilson / Thunderbird

1は懐かしい~!こんなんの聞いてた時もあったのだよなあ。
 昨晩からシャノンジャクソンを聞いてたこともあって、購入。生まれ変わったら、こんな音楽もやりたい。

2は初めて見るアルバム。Nana Vasconcelos, Bugge Wesseltoftなど参加。今聞いてるけど、なかなか面白い。

3 カサンドラ姉さんは実は大好き。今見直したら1枚も、インプレ書いてなかった。
 ノーマの対極かもしれないけれど、両方とも胸キュンだから、しょうがないのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2006

CD購入 ’04 4/17

マルコに注文したCDは、音沙汰無し。取り寄せ品が多すぎたのかもしれない。
ファラオのKarmaを聞いて、Love is everywherが入ったLove In Us Allが聞きたくなった。

この日は会社帰りに演奏だったのだけれど、中古CD屋に寄る。
ここは、ジャズの品数は少ないのだけれど、面白いものが、時々ある。
Love In Us Allも、暫く放置されているのは知ってたのだけれど、ずっと先送りにしていた。
やっぱり、よく言うように、ある時に買え。ですね。…ありまへーん。

代わりに見つけたのが、
 Copland, Abercrombie, WheelerのBrand new。 That's for sureに続く2作目ですね。

良いなあ…ドロドロから、一瞬のうちに繊細な世界に引き戻されてしまいました。
鞄の中、Norman Conners入れっぱなしだけど、聞くのは、また今度ね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2006

’04/04 CD購入、注文

Sakura
出張帰りにウニオンに。
途中の桜がキレイ。
前日、マルコに注文していたばかりなのに中古とアウトレットを5枚買う。
1. Nadja stoller /short stories
アウトレットでは1000円以下と決めているのに1500円。ちと高い買い物だったけれど、只今お気に入りのvoアルバム。
ただ今、インプレを書いている最中の1個
2 Nando Michelin / Chants
南米風チャント(キューバあたり?)をベースとしたジャズ。Jerry Bergonziの参加が面白い。大当たり。
3 Paul Motian/ Bill Evans
モチアントリオ+マーク様の名盤。無くしてしまったので買いなおす。やっぱ、いいのう。
4 Ben Perowsky/ Ben Perowsky trio
リーダーのds、Chris Speed, Scotto Colleyのトリオ。いえ~い。
 Moneyなんてやってる。いいじゃん。
オラシオさんが、それほど好きでないと言うIn a sentimental moodも演奏。
5 Gary Keller/ Blues for an old new age
フロント3人は知らない人。でもKenny Werner, Drew Gressが参加。315円。

こちらはマルコへの発注リスト。
Berne Tim, Paraphrase - Please Advise (Screwgun 70011)
Martinale Luigi - Sweet Marta (DDQ 128043)

Zegna Riccardo - Green dolphin street (Splasc(h) H672)
Alunni Silvia, Bollani Stefano - Lenny 4 five (Velut Luna VL134)
Tossani Giancarlo - Beauty is a Rare Thing (Auand AU9006)
Casarano Raffaele, Fresu Paolo - Legend (Dodicilune ED218)
ETC, Bergonzi Jerry - Etc Plus One (Red 123249)
Rava Enrico - Chanson (Gala PLCD026)
Luppi Riccardo, Battaglia Stefano, Dalla Porta Paolino - Mnemosine (DDQ 128030)
Quaratino Lillo - Fado Meridiano (Alfa Music AFM125)
Kaucic Zlatko - The golden boat 2 (Splasc(h) Contemporary H2509)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2006

CD 購入 ’06 03/30


Second spinて、アメリカの中古屋さんに注文してたCDが届く。
ここ、モノによってはすごく、安いです。CDの梱包もとても丁寧(ケースは無い)。
手紙に、「CDに問題があった場合(もちろん免責も記載)、すぐに交換する」と書いてあった。好感もてるなあ~。
マルコんとこじゃ、CDケース、殆ど壊れているから、全部交換じゃん。

で、買ったのは、Santanaのロータスと、ムーンフラワー。
これで、概ね中坊の時好きだった、サンタナは殆ど集まったかしらん。
久しぶりに聞くロータスは、思いのほか行儀の良い演奏。
淡々とメドレーに近い形で、曲が続く。ちょっと忘れたけど、マイフェバリットシングスかな、そんなメロディもソロに挟んでた。
ロータスはLP取り出すの面倒で、なかなか聞かなかったのだよなあ。

マルコんとこのHP見てたら、wishlist 30枚超えてた。
またNegriも新譜を出したのかもしれない。
Egeaの新譜がマルコんところ、まだ反映してないのだけれど、それが出たら、10枚くらいに絞って注文しよ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 18, 2006

ボラーニの新譜

マルコのサイトでボラーニの新譜発見!
Label Bleuから、4枚目ですね。
ボラのサイトで、試聴可能。・・・うーむ。
なんだか(予想通り?)まとまりがない。でも買ってしまうのだろうな。
2枚組みで、Fresuゲスト参加してます。

Stefano Bollani Quintet "I visionari" (Label Bleu / I.R.D.)

他に気になった新譜。

1) Kenny Wheeler & Brian Dickinson / Still Waters(Dodicilune)
KennyとピアノのDuo。バーガンジとピアノのduoも同レーベルから。

2) Zlatko Kaucic / The golden boat 2 (splasc(h))
 タイコがリーダー。
 Paul McCandless、Emanuele Cisi tenor sax ,Ares Tavolazziと豪華な面子。

3)Martial Solal, David Douglas / Rue de Seine (Cam Jazz)
 これもduo

4)Julian Arguelles, Ronan Guilfoyle , Jim Black / Live in Dublin(Auand)
 きっと凄そうな、トリオ。

5)Joey Calderazzo / Haiku MarsalisMusic
 なんとも渋いタイトル。Joeyのソロピアノ。

6)Otello Savoia /... In giostra(Caligola)
ベースのリーダ作。ジャケが惹かれる。

あー。欲しいけど、お金がない。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 14, 2006

‘06 3/13 CD購入

総武線沿線に出張。ラッキー。
一昨日、CD屋さんに置いてきてしまったナミさんのCDを取りに行ける!
財布の都合で買うのを止めたCDなのだけれど、オラシオさんの人生を変えてしまったというCD。
絶対手に入れないと。
置き場所が移動してたため、探すのに苦労したけれど、無事捕獲。良かった。
探し回ってた時、なぜかフリーカテゴリーに置かれてる2枚も、連れ帰った。
気になったら買え。これがCD購入の鉄則???なのかしらん。

現在、Santanaのmoon flowerとlotusも注文中。
ストレスが溜まりつつあるとは言え、少し買いすぎかも
…お小遣いが、底をついてしまった。出張する電車賃もヤバイかも。ああ。

1)Zbigniew Namiystowski / 3 Nights
2)Romano, Sclavis, Texier, Le Querrec / Suite africane
3) Stan Sulzmann / the Jigsaw

1) 3枚組みだけど、1枚だけを帰り道で聞く。いや~。これ、すんげー楽しい。
(現時点:3/14では3枚とも聞きました。いやいや、良いですよ。これは。)
2) は同じメンツで、最近アルバムを出してた。やはりアフリカをテーマに。そちらも、絶対欲しい1枚。
  Guy Le Querrecって人は、おそらく写真家。トリオのアフリカツアーの様子が豪華なブックレットで紹介されてる。
  とてもきれい。フランス語わかんないのがなあ、、、、、
3) はお相撲さん印の芭蕉レコードの作品。Copland, Larry Grenadier, Bill Stewartという豪華メンバー。
  今聞いてるけど、最高だね。これ。いや、いい。Basho record、気になるレーベルっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2006

'06 3/11 CD購入

土曜って言うのに、いつもより早い朝から仕事だった。
そのまま帰るつもりが、ふらふらCD屋に。

1)Theo Bleckmann & Kirk Nurock / looking - glass river
2)Silent way / this time
3)Steve Glossman / Our old frame
4)Aldo Romano / Corners
5)Kudsi Erguner/ Ottomania
6)Elissa Lala / Touch of your voice
7)Andrzej Jagondzinski/ Once more Chopin

4)はMauro NegriとMichel Benitaが参加。電車ん中で聞いたけど、いい!
5)Actの無国籍ジャズのような雰囲気(ジャケを見る限り)
6)は今回の目玉。Alan PasquaとDarek Oles(前から聞きたかった)がバッキングする女性vo。
 Chetへのトリビュート作品。
7)はポーランドのピアニストのショパン集。3枚目みたい。

そのまま帰るつもりだったけど、3)を手に取ったら、ジャムセッションに行きたくなって、そのまま目黒に。
今月は仕事一筋のはずだったのだけれど。。。
ベースのお客さんは僕以外いなくて、半分くらい弾かせてもらった。
こういうところ来ると、自分の実力がよく分かる。。。。
月1くらいで、セッション行くかな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2006

CD babyから届きました

DSCN3642

CD babyから届きました。
金の箱には入ってなかったものの、エアキャップの包み方など、丁寧で好感が持てます。
今回運送費節約のために、ケースなしで頼みました。
紙ジャケは勿論そのままですが、プラケースは写真のような姿で。

紙に封筒にまーるく穴が開いてて、ジャケが覗いてます。
結構かわいいと思うのですが、そんな風に思うのは私だけですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 28, 2006

楽しいお返事 “CD Babyから”


昨日書いた通販ショップ“CD Baby”から、メールが来た。

僕の巡回先のどなたかが、このお店使っているのかもしれない。
どこかのブログ?で読んだことのある文面だけれど、とっても面白いんで全文載せてしまおう。

・・・・ね。楽しいでしょう。
「日本人の梱包スペシャリストが蝋燭に火を点し、ざわつく観衆を静め、金の縁取りされた箱に貴方のCDを収めました。。。。」なんてくだりが最高。
'Bon Voyage!'の声と共に送られたCDなんて、CD達も幸せだなあ。

なによりも、仕事が早く、即送ってくれたことがうれしいです。
どんな梱包で来るのか、楽しみ。
マルコからのCDケースはいつも割れてるし、スェーデンからのCDは水浸しだったりするから。。。

「the little CD store with the best new independent music」って称しているのだけれど、
やりがいを持って仕事してるんだろうな。
昨日も書いた試聴時間の長さの他にオリジナルのレビューが充実しているところでも、そんな風に感じる。

Independentレーベルは殆ど縁の無い私でしたが、応援したい気持ちになりますねえ。
皆さんも興味があったら、覗いてみたら?

おまけ:昨日の自動返信メールも良く見たら、こんな返事だった。細かいね。
This is just a happy automated email to let you know a real person
will email you as soon as your package is sent,and you will also
receive a paper receipt with your order in the mail.


=====================================================
Your CDs have been gently taken from our CD Baby shelves with
sterilized contamination-free gloves and placed onto a satin pillow.

A team of 50 employees inspected your CDs and polished them to make
sure they were in the best possible condition before mailing.

Our packing specialist from Japan lit a candle and a hush fell over
the crowd as he put your CDs into the finest gold-lined box that
money can buy.

We all had a wonderful celebration afterwards and the whole party
marched down the street to the post office where the entire town of
Portland waved 'Bon Voyage!' to your package, on its way to you, in
our private CD Baby jet on this day, Sunday, February 26th.

I hope you had a wonderful time shopping at CD Baby. We sure did.
Your picture is on our wall as "Customer of the Year". We're all
exhausted but can't wait for you to come back to CDBABY.COM!!

Thank you once again,

Derek Sivers, president, CD Baby
the little CD store with the best new independent music

| | Comments (4) | TrackBack (0)