« ロンカーターの評判 | Main | Gilefema »

August 20, 2006

Aria/Bebo Ferra & Paolino Dalla Porta

Aria

久しぶりのブログ。
相互リンクさせて頂いていたSuzuckさんに素敵な新譜を教えてもらった。
僕もこの二人を追いかけてる。
ギターと、ベースのduoアルバムだ。
日本発売(10/25)なんて待てず、すぐ通販してしまった。
EgeaのIsoleで出会ったのが初めてで、友達にも教えてもらいながら、色んなのを聞いてきた。
同じデュエットの”Bagatelle”、dsを加えたトリオの”Sundance”、ベボのリーダーアルバム”Mari Pintau”、ポルタのリーダー作“Esperanto”、サックス奏者Micheal Rosenの2枚のアルバム。
競演暦も長く、感性も似た二人、このアルバムはお気に入りの二人のDuo、悪いわけが無い。
…BeboはMauro Negriとファンクをやったり、Portaはフリー系をやったり、重ならない部分もあるのだけれど、地中海テイストの肝の部分はバッチリなのだよな。
Bagatelleは聞いたのが秋の終わりで、そのせいか強い哀愁感をイメージしてしまうのだけれど、新作は今の季節にぴったりのイメージ。たまたま今日も雨がちらついて、体感的にはうっとおしいのだけれど、じっとりさを感じるのが、かえって嬉しくなってしまう。

音楽は演奏形態が同じでも、演奏者が異なれば、またその時々の環境も異なれば、違うものが生れてくる。
ここで聞けるのは、ベボとポルタのユニークなモノだと思うけれそ、大きなくくりで言うと地中海に住む人の音楽だと思う。同じ編成だと、僕はRalph Townerとゲリピーのduoが大好きなのだけれど、当たり前だけれど違う世界。
でも、Ralphとゲリピーが好きな人だったら、この音楽も気に入ってもらえると思うし、地中海のジャズを聞いたことなかったら、とても新鮮に感じるかもしれない。

Suzuckさんが、おっしゃるように、ポルタがスゴイ張り切りよう。
ポルタのピッチカートは強い方であるけど、このアルバムでは、いつもの倍くらい力が入っているかも。
思い余って、隣の弦を弾いてしまってるところも見つけてしまった。弾いた指が手のひらに当たるパキンって音もよく聞こえる。
他のアルバムと比較して、繊細な部分より、情感的熱いなポルタを堪能できる…かな。
この人、音とアーティキュレーションが好き。
柔らかいのだけれど、ベタベタでない。説得力があるのだけど、押し付けがましくない。
強いピッチカートでもゴリゴリ感がなく、どっちかと言うと柔らかい音質。
早いパッセージでも、スムーズさと、スリル感が同居している。

写真を見ると、イケメンが、少しオジサンの風貌になってきたよう雰囲気も。
Beboとの競演以外だと、Stefano Battagliaの演奏も大好き。こちらも、新作は無いのかしらん。

アルバムの詳しい、内容はSuzuckさんのブログをご覧下さい。

|

« ロンカーターの評判 | Main | Gilefema »

Comments

とうとう復活ですか?
私もこのアルバム気になっています。
一瞬の試聴でピンと来る、そんなアルバムがたまにありますよね。
デュオだと、私的にはヴィブラフォン&フルートという編成だと最高なんですがね。
そういえば昔「マリモリン」というマリンバ&ヴァイオリンのデュオもいました。
クラ系ですが。
それではまたまたこれからもよろしくお願いします。
失礼します。

Posted by: オラシオ | August 22, 2006 at 03:16 AM

時空をこえて、、トラバはちゃんと到着してましたね。
コメントはだめでしたので、もう一度、貼り付けておきますね。
--------
こちらに、お邪魔するのは久しぶりです。
アーティチョークさんのところで、おでかけのような事をかかれてましたが。。
ブログは、お休みされてたようですが、Ariaに反応、即お買いあげ、、ありがとうございます。

二人になりかわりまして、深く御礼もうしあげま〜〜す。(^_^)

これ、録音もすごくよくて、そこで二人が演奏してるようです。
良いシステムで聴くと、また、感動が違いますよね。

仰るとおりに、哀愁はもちろんなのですが、この親密感はちょっとやそっとではできない世界ですよね。高密度なんだけど、個人的には全然、疲れませーーん。
沢山の方に聴いていただいきたいとおもってます。

トラバありがとうございました。
こちらからも、トラバいたしますね。
-------

なんだか、なんども、余計に変かしら?
では、楽しいご旅行のご報告も楽しみにしております。
オラシオさん、これ、いいでっせ。私なんて、へなへなになってしまった。。もん。

Posted by: すずっく | August 24, 2006 at 06:17 PM

オラシオさん>
ここじゃ、久しぶりです。
たまーに、気が向いたら、なんか書くかもしれません。
同じレーベルのヴァイブとマリンバのduo、良かったですよ。
ジャズ批評、明日あたり手に入れようかと思ってます。

すずっくさん>
コメント有難うございました。それから、ベボ情報も。
マルコのところも、イタリア全部カバーしてるわけじゃないからなあ。

とても、短い旅行でしたが、リフレッシュできました。ターシャって、とても小さな猿を見ました。

Posted by: しぶちゃ | August 25, 2006 at 10:41 PM

オラシオさん>
ここ見てるか、分からんけど。
まだ手に入れてません。
今日は、目黒の大きな書店に行きましたが、ありませんでした。
売れ行き好調なんですね、きっと。

Posted by: しぶちゃ | August 30, 2006 at 11:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74992/11526579

Listed below are links to weblogs that reference Aria/Bebo Ferra & Paolino Dalla Porta:

» Aria/BeboFerra&PaolinoDallaPorta [MySecretRoom]
楽しみにしてた「Aria/BeboFerra&PaolinoDallaPorta」が着きました。2004年のイタリアでの録音です。リリースはニューヨクのレーベルでした。聴いて、いっぺんでノックアウトされたのですが、あまりにすばらしい世界で、それを伝える「言葉」が探せず、どうして良いかわか...... [Read More]

Tracked on August 21, 2006 at 05:18 PM

« ロンカーターの評判 | Main | Gilefema »