« ベース '06 4月後半 | Main | イタリア映画を見る。心の中の獣 »

May 03, 2006

Kip Hanrahan / Vertical’s currency

Vertical_currency


想像するに、これは大人が聞く音楽と思う。
かっこいい大人に、未だ憧れている僕がそう思うのだから、確度は高いはず。(いや逆か。)






Kip Hanrahanは、僕にとっては謎の人で、
作曲家なんだか、アレンジャーなんだか、演奏家なんだか、全然分からないのだけれど、
スゴイ音楽を作ってしまう人なのだ。

日本語ライナーノーツに、Kip Hanrahanの面白いコメントがある。
  「Vertical’s currencyは、ソウルバラードをたっぷりぶち込んだ、
   俺たちなりの”スモーキーロビンソン”風アルバムにしてやると、俺は決意していた。
     ~すごく長い中略~ 
  俺たちが創りたい、聴きたいとずっと思っていたポップ・アルバム。それがこの作品である。」

これで、なんとなく中身は大体想像できるのでは?

ところで、その「俺たち」って?
Jack Bruce, Steve Swallow, David Murray, Art Lindsey, Peter Scherer…
ここで、また音が想像できなくなったかもしれない。

Kip HanrahanはAmerican Claveってレーベルから、’79年から’98年まで、12枚のアルバムを発表しているのだけれど、
代表的な参加ミュージシャンの名前は下記のとおり。
Carla Bley, Bill Laswell, Billy Bang, Jack Bluce, Steve Swallow, Art Lindsey, Jammaladeen Takuma, Ricky Ford, David Murray, Andy Gonzalez, Ricky Ford, Sting, Chico Freeman, George Adams, Dino Salluzi, Brandon Ross, DD Jackson…
僕は4枚しか聞いてないので、断定的なことは書けないけれど、決してごった煮な人選ではないと思う。
Kipは、ラテン(クラーべ)のリズムの上で、こんな人達に演奏させたら・・・・、
こんな音になるって適確に想像してしまうのだろうな。

もう一枚の僕の好きなアルバムExotica(‘92録音)と同様、Vertical’s currencyもJack Bruceの参加が特徴的だ。
ベース、ボーカル両方で活躍している。
ちなみに、ジャケで哀愁を含ませながらニヤと笑ってるのがJack Bruceかしらん。
…青いジャケのデザインが良い。

この人のボーカルって、正にAOR的なものだったんだ。こんな甘い声のおっさんだとは、知らんかった。

このおっさんと、これまた甘くて美しいSteve Swallowのベースギター、
アグレッシブでも実は胸キュンなソロもばっちりOKなマレイ、
とんがっていて、チープでクールなアンビシャスラバーズのお二人。
音楽を淡々と、よりクールに響かすパーカスのお兄さん方…

アルバム全体としては、拍子抜けで、中途半端な部分があることも否めない。
胸キュンな部分と、空虚なところが混在している不思議な魅力のアルバムだ。

1曲目“A small map of heaven”、タイトルもとても可愛らしい、この曲で大抵のAORファンはイチコロだと思う。
Steve Swallowのベースギターは、そこら中で面白い効果を出している。
この曲では淡々と、コードをジャーンって刻んでいるだけなのだけれど、キーボードともギターとも違う雰囲気。
出始めのシンクラビアとSwallowのジャーンと、ゆったり入ってくるBruceの甘い声…天国ですな。

もっと天国気分を味わいたい人は4曲目、Two heartedly , to the other sideへ。
Jack Bruceのステイブルなベースに甘いボーカル。
多重録音と思われるSwallowのアルペジオのきらびやかさ。初めて聞いた新しい音色だ。
とてもベースとは思えない。まあ、ベースだと思って弾いていないだろうけど。
この人はone and onlyなのだなあと、つくづく思ってしまう。

マレイは全曲ではないけれど、多くの曲に参加している。
確かに「マレイ」。おとなしいけれど、マレイ。
うーむ、ミスマッチでないのが、おもしろい。
このあたりのフリーの闘志的な人達も、R&Bやモータウンの影を感じることがあるから、適切な人選なのかも。
むしろ、マレイがKip Hanrahanに敬意を払って演奏に参加したのだと思う。

Exoticaは、Vertical’s Currencyと比較してシニカルな部分はなく、もっとストレートな音楽。
Jack Bruceを中心とした音楽には変わりないけれど、
ひねくれたSwallowから、直情グルーヴィなDon Pulenへ準主役が交代した影響かも。こちらも、お奨め。

Kipの他のアルバムも聴きたいけれど、最近店頭では見かけないのと、枚数が多いのが難点。

====================
Kip Hanrahan / Vertical’s currency(American Clave)
Jack Bruce(b,vo), Steve Swallow(b), David Murray(ts), Art Lindsey(g), Peter Scherer(key)
Ignacio Berroa(trap drums), Ton Cardona(per), Kip Hanrahan(per), Puntilla Orlamdo Rios(per)

’84 録音

|

« ベース '06 4月後半 | Main | イタリア映画を見る。心の中の獣 »

Comments

しぶちゃさん、こんばんは。
Jack Bruceって、CREAMにいたJack Bruceでしょうか。ベースとヴォーカルということなら同一人物ですね、きっと。懐かしい名前が出てきて、おおっ!と思ってしまいました。
連休はどこへも行かずのんびりしてます。
今日は筍が採れたのでお料理したり、息子のバレーボールの試合だったので、夫と応援に行ったりしていました。

Posted by: アーティチョーク | May 03, 2006 at 11:15 PM

アーティチョークさん

そうです。クリームのジャックです。
この人、トニーやチャーリーヘイデン・・・ジャズミュージシャンとの共演多いですよね。
10年くらい前にラジオで聞いたベースプレイはヘロヘロでしたが、ボーカルはいい感じです。

昨晩は、ZEPのライブがTVであったので懐かしく見ました。(疲れました。)
で、今聞いてるのは、日野元彦のIT's there ZEPを数曲カバーしてるんですよ。

では、GWもあと4日。ゆっくりしよっと。

Posted by: しぶちゃ | May 04, 2006 at 09:02 AM

ハンラハンはもう15年以上も前、一緒にバンドやってた友人がアルバム(もしかしたらこれやったかも)持っていてそん時から気にはなっていたんですが何故か手を出してなくて。(ハンラハンプロデュースのピアソラ作品は持ってんですが…。(「タンゴ・ゼロ・アワー」は超名盤!!)
Swallowがえらい活躍してるみたいですね…うう聴きたい。

Posted by: ナゴヤハロー | May 05, 2006 at 10:22 AM

ナゴヤハローさん。
こんばんは。ああ、GWもおしまいで、悲しいです。
Swallow、すげーです。ベースと思って聞くのは間違いですね。

ジョンスコとやってた頃って(バートークだっけ?)、4弦弾いてたけど、音はあまり変わらないですよね。
あの頃の演奏、結構好きです。

ビデオで動いているの見たことありますが、結構怖いです。

Posted by: しぶちゃ | May 06, 2006 at 08:33 PM

私もはじめてSwallowのベース聴いた時(もう17年前になります…。)はベースとは思えんかったです。その後わざわざ東京まで生Swallow見にいきました。カーラ・ブレイとデュオでサントリー・ホールやったかなあ?はるばる行った甲斐があったなあ、と思わせたええライヴでした。

Posted by: ナゴヤハロー | May 07, 2006 at 10:45 PM

ナゴヤハローさん

いいなあ。Ladies in Mercedesなんてきっと、やったんでしょうね~。

Steve Kuhnとのライブも伝説(ちと大げさ?)ですよね。あれは行きたかったのですが、行けなかったです。
CD出てるので、早く買わないと廃盤になりそうです。

Posted by: しぶちゃ | May 07, 2006 at 11:44 PM

追伸。
あ、明日出張で、名古屋行くんですよ~。
仕事道具よりも、連れてくCD選んでます。
橋本一子は決定。(旧譜ですが。)

Posted by: しぶちゃ | May 07, 2006 at 11:46 PM

Ladies in Mercedes、やったかなあ。結構感激したくせに意外とやった曲を覚えていない私です(苦笑)。
思い出したかのように久しぶりに「Duets」聴いてますが、このシンプルさええなあ〜。
名古屋出張お疲れさまでした。
ちなみに私は名古屋とは縁もゆかりもありません(爆)

Posted by: ナゴヤハロー | May 11, 2006 at 11:46 PM

ナゴヤハローさん

ちょっと忙しくて、ブログ放置してました。
・・・と言うか、これから更に放置しておくのですが。

ちょっと休止しますが、そちらには顔だします。

ではでは。

Posted by: しぶちゃ | May 14, 2006 at 01:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74992/9883152

Listed below are links to weblogs that reference Kip Hanrahan / Vertical’s currency:

« ベース '06 4月後半 | Main | イタリア映画を見る。心の中の獣 »