« CD購入 ’04 4/21 | Main | CD購入 ’04 4/25 »

April 22, 2006

Barbara Casini / todo o amor(Philology)

Babara


イタリアのボサノバ歌手(と言って良いよね。) Barbara Casiniの'95の作品。
ラバとのコラボ盤では、大人の女性の魅力で迫っていたけれど、ここではアイドル歌手のような可憐な趣き。
でも、それはジャケット写真だけの話で、声の質を含め、音楽的な内容は大きく変わっていないと思う。

ここで興味深いのは、10年前のボラーニを聞けること。
この頃のボラの演奏は、Stefano D’Annna(sax), LelloPareti(b), Walter Paoli(ds)と組んだ、
Quattroquinti(Splas(h))で聞いたことがあった。
‘97年の演奏で、裏ジャケには、5分刈りのボラが写っている。イタズラっこってより、ワルがきだね。
ハンコックみたいな演奏もしてて驚かされたのだけれど、1曲だけある彼の作曲は、ボラーニ節全開だ。

ラバとのコラボの印象も強いため、僕はボラーニとブラジルってピンと来ないのだけど、そんなことは無いのだよね(*)。
このアルバムは、Barbara自身のオリジナルを中心とした、ボサノバ集。
Barbara Casiniのことを書くと、Joyceと似たような雰囲気を持った歌手だと、ぼくは感じている。
声質も似ているし、洗練されていると思いきや、たくましい部分もあって、共通点もあるのでは?
とっても、いい曲を書くってことも。

編成は、曲によって異なっていて、
ボラ(ピアノ)、Bebo Fornaroli(g)、Lello Partei(b)、Naco(per)、Francesco Petreni(ds)に、
Riccardo Luppi(fl)、Stafano Cantini(ss)が加わっている。
ゆったりしたボサ、バラードテンポ、サンバ、色々なリズムで、きれいなメロディを楽しめる。

ボラは、派手な演奏こそしていないけれど、やっぱり、うま~い。
何回も書いているのだけれど、音とリズムとダイナミズムの玉手箱。
イントロで信じられないくらい丸っちい音を出すと思ったら、すごいシャープなコンピングまで。
人のアルバムで、伴奏している時は、間違いない(と言うよりスゴイ)のだけどねえ。(or 私の感性が鈍い?)
10年前の演奏だけれど、この頃に、もう自分のスタイルが出来上がってたのが、分かる。
(…時折、ハンコックみたいなガッガッって攻撃的な演奏もしてて、面白い。…これは、最近は聞けない。)

歌も、曲も素晴らしいけれど、バックのアンサンブル、フロントの二人も素晴らしい。
沢山のジャズ系のミュージシャンのボサノバ演奏があるけれど、名盤って言っても良い出来だと思う。

曲はどれも良いのだけれど、1曲だけ挙げると、
3曲目のConhecer。 Barbaraのvo、ギター、フルート、パーカスの、このアルバムの中では最小編成。
すごくゆったりしたサンバなのかな、これは。
がしゃがしゃしてなくて、ゆったり、時間が流れていく。
単純で力強い、ギターのアルペジオと、とても懐かしい感じがするフルート。
ギターのFornaroliのコーラスも、プリミティブと言ったら表現が悪いかもしれないけれど、魅力的。

マルコの所から全然連絡が無いので、催促ついでに、BarbaraのCDを2枚追加してしまった。

(*)
Barbara Casiniとは、Phil Woodsとのトリオ“Voce e Eu(Philology)”があるし、上述のラバ・Casiniの”Vento(Label Bleu)“にもボラは参加している。Nicola StiloがToninhoを呼んだブラジリアンテイスト一杯の、Vira vida(Via Veneto)にも、ボラが参加してたのには、ちょっとびっくりした。
日本の企画盤でも”Falando De Amor”は、ピアノトリオでジョビン集を録音している。

おまけ :夏雪草が咲いてきた。
Dscn3805

|

« CD購入 ’04 4/21 | Main | CD購入 ’04 4/25 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Barbara Casini / todo o amor(Philology):

« CD購入 ’04 4/21 | Main | CD購入 ’04 4/25 »