« ‘06 3/13 CD購入 | Main | ボラーニの新譜 »

March 15, 2006

Stan Sulzmann/ The Jigsaw

jigsaw300


SulzmannとMarc Copland, Larry Grenadier , Bill Stewartのカルテット。
こんな組み合わせもあるんだ。

ここ数日ヘビーローテーションの1枚。Stan SulzmannはKenny Wheelerとの共演で、馴染み深いテナー奏者だ。
ダイナミックレンジが大きく、緩急自在な演奏から、ちょっとモサっとした感じ、Rick Markizaとも共通する急がない語り口も持っているってのが僕のイメージ。このアルバムでは、ソプラノとフルートも吹いている。

Coplandについては、いつも書くことは同じで、変態キレイなピアノ。
1曲目Krellは、今日みたいに春先の晴れた朝にはピッタリの、爽やかな4ビート。
でもCoplandの困ったちゃんなイントロで真っ青な空がマーブル模様に。

床にぶちまけた沢山のビー玉のようで、コツコツぶつかりながら、散らばってく。
あ~ぶつかちゃって、あっちの方にいっちゃったのね。
でも、そっちが一番キレイだし、実は綿密にささっと計算してたの。
…なんて、ぶつぶつ言いながら、一番きれいなパタンを、さらっとCoplandは弾いてるかも。
変態キレイなジャズプレイヤーの一等賞だと思う。

このアルバム、メンバーの良さだけでなく、曲の良さでも光っている。
殆どSulzmannの曲だけれど、Coplandが1曲、CoplandとStewartの競作が1曲、
それから友達想いのKennyが1曲提供している。
…・Kenny Wheelerって、ほんと、曲をプレゼントするのが好きだよね。

2曲目Evie、4曲目Jack Stixは4拍子と3(6)拍子が混ざった、ちょっと刺激的な曲。
ゆったり目のEvieを聞いてて、ちょっとRick Markitzaを思い浮かべてしまった。
4曲目はエモーショナルな曲で、ホゲホゲなSulzmannが聞ける。
6曲目Maudleyは、ごく軽いアフロリズムの、胸キュンなナンバー。
インタールードのCoplandらしいアルペジオと、Stewartのフィルインがとても気持ちいい。
SaltzmanもCoplandも、縦横無尽のソロを繰り広げていてるし、盛り上げるバッキングもいい感じ。
ピアノのヘンテコぶりも、天下一品で、このアルバムの中で一番好きな曲。

全体的に、明るい色彩の曲の中で異彩を放っているのが5曲目のNot a ballad。
ts、p、bのユニゾンによるテーマが印象的な陰鬱な3拍子のバラード。
CoplandとStewartの共作なのだけど、どんな感じで作ったんだろう。
b, ts, dsに引き継がれるソロも素晴らしいし、Stewartの繊細なシンバルワークも聞きモノ。

bashorecneg




おまけに、basho Recordsのレーベルマークを。Justin’ timeのうさこと同じくらい、お気に入りのマーク。
======================
Stan Sulzmann/ The Jigsaw (Basho records)

Stan Sulzmann(ts), Marc Copland(p), Larry Grenadier(b) , Bill Stewart(ds)
’04 1月録音

|

« ‘06 3/13 CD購入 | Main | ボラーニの新譜 »

Comments

こちらの記事で聴きたくなって、今日ユニオンで買ってきました。
よいですね!まだ一周しただけなんですが、すごくいい予感がします。
オープニングと6曲目が気に入りました。いつもアンニュイなコープランドが元気(笑)。
Basho Record初めて知りました。ロゴがいい味出してますね‥
アルバムの表、背を探して、首かしげてたら、裏の左下に。カワイイ!

Posted by: lysis | March 17, 2006 12:30 a.m.

lysisさん
春めいてきましたね~。
ワンコを美容院に連れてきました。散歩で1時間くらいなので、良い運動になります。

げ、聞いたのですね。いい加減なこと書けません。
でも、このアルバム好きです。
1、6曲目良いですよね~。
2、3曲目あたり、Copland、普通のピアノも弾けるじゃんって、感じですが。。。

Basho recordsはこれで3枚目です。
初めて買ったのはMartin Speake(as)のSecretって作品でした。知らない人ばかりでしたが、良い作品です。

レーベルマークで、他にかわいいー!の、ありますか?
他はJustin timeくらいかしら?
今棚をざっと見ましたけど、見つかりませんでした。

Capriceなんて、アルファベットだけですが、結構良いセンスだと思いますが。。。

ではでは。

Posted by: しぶちゃ | March 18, 2006 12:49 p.m.

Justin time、ネーミングといいクラシカルなところがツボですー。
私が好きなロゴは、Licorice Soul Recordsとcelesteかな?
scandinavian connectionも、色合いとかレーベルカラーとあっていて素敵。
カワイイ!といえば、上の美容院帰りのM君、ちょっとむくれてるとこがそそりますね(笑)。

それにしても今日はすごい風で‥今も窓がガタガタ‥本当、春一番来た!ってかんじですね。

Posted by: lysis | March 20, 2006 12:08 a.m.

lysisさん

今日は風も穏やかですね。
Mも年をとってきたせいか、可愛い顔より、むすっとした顔が増えました。

Licorice Soul Recordsは、webで見つけることができました。
パンくい競争の、パン状態になったレコード盤ですね。

これはソウル関係ですか?僕もモータウンとかソウルは、姉の影響で、かなり聞いたのですが、最近はさっぱり。
聞きたいけど、時間がな~い。

Posted by: しぶちゃ | March 21, 2006 05:04 p.m.

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Stan Sulzmann/ The Jigsaw:

« ‘06 3/13 CD購入 | Main | ボラーニの新譜 »