« CD babyから届きました | Main | ベース 3/1、3/4 »

March 07, 2006

Luciana Souza / North and south

luciana_north_and_south

最近愛聴しているボーカルアルバム。
歌詞カードに載せられている風景写真も美しく、ポケっとリラックスできるアルバムだ。
Luciana Souzaが参加しているアルバムは、ここでも2回紹介している。
Bob MosesのNishoma と、AndrewのRathbunのJadeの2枚。
Maria SchneiderのConcert in gardenにも、そういえば参加していた。
どれもボーカルというよりも、器楽的な趣もあって、彼女の「歌」を聴くのは初めて。

そういえば訂正をしておかないと。
Nishomaのインプレで、Hermeto Pascoalの娘さんと書いてしまったけれど、大間違いでした。
PascoalはLuciana SouzaのGod fatherとのこと。
・・・教父(名づけ親)と辞書にありました。本文でも訂正をしておきます。

Andrew Rathbun/Jadeでは、少し硬さが見られたのだけれど、ゆったりした歌声を聞くことができる。
今まであまり感じなかったのだけれど、ブラジル人特有の訛りのようなものも。

North and Southというタイトルのとおり、アメリカ・ブラジルのスタンダードを織り交ぜた構成。
前者はAll of me, When your lover has gone, Never let me go、後者はChega de saudade, Corcovade。
それから彼女のオリジナル曲。
もう1曲se e tarde me perdoaって曲もあるのだけれど、これもブラジルの有名曲なのかな?

僕がこのアルバムを欲しいなと思った、大きな理由はScott Colley(b)とClarence Penn(ds)の二人の参加だ。
ColleyとPennはボラーニのLes Fleurs Bleues以来、気になるコンビだ。
奔放なボラーニの世界にも即反応するフレキシビリティを持った二人が、どんな演奏をしているんだろ。
この二人に、Bruce Barth, Fred HerschとEdward Simonの3人のピアニストが交代で加わっている。

ゆるいボサノバで演奏されるAll of meは、ちょっと好きになれないのだけれど、他はとてもいい感じ。
僕はこの人の歌はそれほど上手くないと感じるのだけれど、なんとも言えない心地よさ。
上記に書いたブラジル訛り?のようなもの。
うまく説明できないのだけれど、形容詞を思い浮かぶまま並べると、
「温帯的な」、「暖かい」、「細くない」、「急いでない」、「ふわっとでも、重さがある」、「湿り気があるけれど、からっとしている」。。。。
なんのこっちゃ、官能検査させられても、満足に答えられない被験者だね。

Andrew Rathbun/Jadeは好きなアルバムで、Lucianaの志向(嗜好)も、器楽的な唱法かとも思ったのだけれど、ちょっと勘違いだったのかもしれない。

僕のお気に入りのトラックはHerschがピアノを弾いているCorcovadeと、When your lover has gone、
それからLucianaのオリジナルであるI shall waitと、se e tarde me perdoaって曲。
最後に演奏される、かなり遅いテンポのNever let me goも良い。
Hersch参加の2曲は、ユッタリテンポで、このメンバーには最高の選曲じゃないだろうか。
I shall waitはHermeto PascoalとDeidre Rodman、Guillermo Klein(後者は二人は知りません。)に捧げられた、ミニマルミュージックっぽい作りの曲。
se e tarde me perdoaは、ColleyとPennとのトリオによるサンバ。
遊び心一杯のPennのプレイ、ベースとのユニゾンなど、最高に楽しいナンバーだ。
ピアノレスのこのトリオは、とってもいい感じで、もっと沢山聞いてみたい。

Luciana Souzaは、デビュー作から、本作までを三部作としているよう。
他の2枚は毛色が随分違うみたいだけれど、聞いてみなくちゃね。

===================================
Luciana Souza / North and south (sunny side)
Luciana Souza(vo)
Scott Colley(b), Clarence Penn(ds)
Bruce Barth(p), Fred Hersch(p), Edward Simon(p)
Donny McCaslin(ts)

|

« CD babyから届きました | Main | ベース 3/1、3/4 »

Comments

おおお!
数日中にエルメートのアルバムでルシアーナ参加のやつをアップしようと準備してたんですよ。
Suzuckさんのところでもミシェル・コロンビエでバッティングしたし、最近奇遇が多いです~。
また書いたらTBさせていただきますね。
失礼します。

Posted by: オラシオ | March 08, 2006 02:17 a.m.

オラシオさん

こんばんは。
今日は土曜だってのに、仕事でした。
帰りにウニオンでCD買いましたが1枚はポーランド関係です。(今かばんの中)
ナミさんの3枚組のライブ盤も気になったのですが、財布と相談して見送りました。やっぱり買えばよかったかなあ?月曜も近辺とおるので、引き取ってこれるかもしれませんが。

CD屋のあとは、ジャムセッション。全然仕事一筋になってません。

さきほど、エルメートの記事読みました。
僕がただ1枚持ってるエルメートのアルバムですが、楽しいですね。

では、また!

Posted by: しぶちゃ | March 12, 2006 12:33 a.m.

しぶちゃさん、おしさしぶりです。
このアルバム、私も好きで2004年の夏に良く聴きました。2004年MY BESTにもいれたはず。
今日のブログにアップしたBarbara Casini/Luizaも
凄くいいですよ。
早くも今年度NO1ボーカル作品かも。
では、また。

Posted by: VENTO AZUL | March 13, 2006 05:54 p.m.

VENTO AZULさん
こんばんは。コメント有難うございます。
Lucianaのアルバムは確か、Ventoさんもインプレ書いてましたよね。他のも聞いてみたいです。

Barbara Casiniの新譜のことは知らなかったです。良さげですね。欲しいです。
この人も沢山アルバム出してるから、大変。。。

Posted by: しぶちゃ | March 13, 2006 09:32 p.m.

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Luciana Souza / North and south:

« CD babyから届きました | Main | ベース 3/1、3/4 »