« CD購入 '06 2/8 | Main | CD購入 '06 2/18 »

February 12, 2006

Oliva Sellerio , Pietro Leveratto /Accabbanna

egea1
先月マルコのところで買ったCDは、良いものが多かった。
その中でもピカ一の1枚。

シシリアの女性歌手Oliva Sellerioと、哀愁のベーシストPietro Leverattoの二人名義で、p、ts、tp、g、per、vlnが参加している。アルバムタイトルのAccabbannaはシシリアの言葉で、”this way, over here”という意味らしい。
・・・・ってどんな意味?「こっちだよ」?

最近のEgeaって、レーベルカラーが薄れてきたと思っていた。
でも、今回手に入れた2枚のアルバム(もう1枚はRitaの)はEgeaらしさが十分に詰まっている。
録音については、以前のものと比較すると、作り込まれた感触があって、あまり演奏者の息遣いが感じられず、その点は少し不満なのだけれど。

Egeaの魅力は、何と言ってもイタリアの伝統音楽とジャズの融合だと思う。
このアルバムでは、二つ(或いはもっと沢山の要素)が混じって、相当存在感が強い音楽となっている。
このアルバムは同様なコンセプトのEgeaの作品群の中でも、とても完成度が高い。
ちょっと前に出たPietro Tonolo のItalian songsなんて、題材こそイタリアの歌だけれど、ジャズのフォーマットに乗っただけの演奏で、それほど面白いものではなかった。(多分Egea以外のレーベルから出ていたのだったら、喜んで聞いていた。)

Oliva Sellerioの声は、「地を這うダミ声」って感じで、僕の美的感覚から言うと女性voの範疇から完全圏外なのだけど、すごく魅力的だ。
これほど情念を露わにしたヴォーカルって、僕は初体験。
Abbey Lincolnを聞いた時も相当ショックを受けたけれど、それ以上。

曲は殆どシシリアの伝統音楽を題材に、それにPietro Leverattoのオリジナルが2曲、オーネットのWishesって曲が一つ。
シシリアの音楽ってよく知らないけれど、どれもモダンで、かつ切ないアレンジがされている。
情念の演奏家OlivaとPietroの二人以外は、サラッと精錬された演奏スタイルであることも、良い音楽になった理由かもしれない。
このヴォーカルを生理的に受け付けない人も多そう。僕も、ぎりぎり。
また、手にする人は少なそうだけれど、音楽好きな人には聞いてもらいたい気もする。
僕同様、おーぉ!って感激する人も、少しは居るかもしれない。

どの曲も魅力的なのだけれど、1曲目の“Canti di la Vicaria(Song for the Vicaria Prison)”が、すごくいい。
何の楽器か分からんドローンと、ゆったりしたベース、打楽器、VlnをワルツのリズムにOlivaの声が鳴り響く(何気なく入ってきた娘が顔引きつらして、出て行ってしまったくらい)。
対するtp、ts、pの洗練されていること。その対比が面白いし、鮮やかだ。
歌の後に、tp、tsのインタープレイが素晴らしい。
それほど白熱することなく、ただ淡々と進んでいくのだけど、音楽を推進させる力を強く感じてしまう。

4曲目Spartenza(Separation)はゲストのVln奏者を中心としたイントロの後に、OlivaとPietroのデュエットが続く。
とても素朴で、それが妙に感傷的な演奏。
エンディングは、ピアノとベースの二人から始まり、Vlnが加わり、それにts、tpが静かに絡みつくのだけれど、このアレンジも素敵。

10曲目Latri di passu (Mountain Brigands)は、ゆったりとしたボサノバで、このアルバムの中では少し異彩を放っている。もっともジャズらしい演奏で、Enrico Tobia Vaccaroのギターも、Mauro Schiavoneのピアノも、かぶさる管の二人も良い感じ。

それぞれの曲には、英語の訳詞が付いている。
歌われている内容も、悲しい恋であったり、死であったり、明るいものは少ない。
それとともに、1曲ごとに昔の人々の生活を撮った白黒の写真が掲載されている。
明るい表情、悲しげな表情、力強い表情。
歌(詩)と写真、皆幸せかどうか分からないけれど、時間がゆったり流れていたことは確か。
自分がこの中で暮らしていけるか分からないけれど、郷愁を感じてしまう。

Pietro Leverattoのベースに初めて触れたのは、Emanuele Cisi、Stefano Battaglia、Fabrizio Sferraと組んだコンボChangesの“Small changes(splasc(H))”だった。
イタリアには良いベースが多いと思うけれど、彼も個性が際立った演奏をする。
哀愁がこもったソロが魅力的だ。Charlie Hadenのような、ねっとり感は少ない。
発声の仕方、音使いともに、芸風に取り込みたいタイプのベーシスト。
Egeaでは、これで2枚目のリーダー作。これから、どんどん露出度が高くなるのかな。

最後にちょっと不思議なのは、この人アルバムの表記によって、Piertoだったり、Pieroだったり。
うちには6枚あるけれど、半々くらいつつ。
Philologyなんか表記がいい加減なことがあるけれど、
この人の場合、リーダーだとPietroで、サイドマンだとPieroなのかしらんね。そんな気もする。

====================================================
Oliva Sellerio , Pietro Leveratto /Accabbanna (EGEA)
Olivia Sellerio(vo), Giampaolo Casati (tp),
Gaspare Palazzolo (ts,ss) , Enrico Tobia Vaccaro (g)
Mauro Schiavone(p), Pietro Leveratto(wb)
Giovanni Apprendi Tamburi(per) , Francesco La Bruna (vln track4 only)

|

« CD購入 '06 2/8 | Main | CD購入 '06 2/18 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Oliva Sellerio , Pietro Leveratto /Accabbanna:

« CD購入 '06 2/8 | Main | CD購入 '06 2/18 »