« CD購入 '06 2/18 | Main | ベース '06 2/16, 22 »

February 24, 2006

Happy voice! Rigmor Gustafsson quintet/ in the light of day

inthelightofday


あしたは17回目の結婚記念日。
1週間前に些細なことでケンカしてから、嫁さんとは一言も喋っていないのだけれど、弱気にプレゼントを買ってしまった。
Rigmor効果かしらん…。
very earlyのスキャットソロを聞いていたらトローンと軟化。

Rigmor Gustafssonはスェ-デンの女性vo。
1年前くらいにバカラック集を出していて、それからのお気に入りだ。
リッキーリーに通づる少女のような声が魅力的。
ジャケットに見られるような、個性的な笑顔も素敵だ。

このアルバムは'96年に、Rigmorがニューヨークで活動していた時の作品。
″Rigmor Gustafsson quintet″と唄っていて、バンドカラーを大切にしてたのだろうな、と感じる。
そう言えばJanette lindstroam も自分の名前を冠したバンド名義でアルバムを出してた。
強さ、やる気が感じられよね。

僕はRigmorを聞くのは3枚目。
このアルバムはおそらく最初期の録音で初々しさが一杯だ。
チックのyou're everything、ショーターのinfant eyes、 freedom jazz dance、goodbye pork pie hatなんて曲がずらっと並んでる。

彼女の歌の雰囲気は、今と同様、とてもキュートだ。
この人の個性そのものと思うけれど、リッキーリーの影響も随分感じてしまう。
一方で時折Janette にそっくりな所も。
色々なことを試しつつ自分のスタイルを作っていたのかしらん。

アルバム全体の出来としては、ほんの少し物足りない。
僕には、ピアノ、ベースがせわしなく、うるさく聞こえてしまう。
ジャッキーテラソンは大好きでは無いが、バカラック集では、特徴的な間の取りかたが良くマッチしていたのだけど。
もうちょっと、良いメンバーとの共演が良かった。(失言?)

とは言え、very early、you're everything、Rigmorのオリジナルthe light of day(Jacob Karlzonと組んだライヴ盤でも好演)の胸キュンメロディが続く2~4曲目、同じくRigmor作の7曲目winter poemのあたりを聞いていると、いやなことを忘れてしまう。

幸福感漂う、いいボーカルだと思う。


さて、明日はどんな日に?
あ、今晩もか。(と電車の中でpalmで遊んでる私。ああ帰りたくない。)

家帰ったらライブ盤を聴こう。

==================================
Rigmor Gustafsson quintet/ in the light of day  (Prophone Records)

Rigmor Gustafsson(vo), Tino Derado(p), Hans Glawischnig(b),
Roland Schneider(ds), Gabriel Coburger(ts)
'96 4月録音

|

« CD購入 '06 2/18 | Main | ベース '06 2/16, 22 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Happy voice! Rigmor Gustafsson quintet/ in the light of day:

« CD購入 '06 2/18 | Main | ベース '06 2/16, 22 »