« CD購入 '06 1/17 | Main | ベースレッスン 1/21 »

January 21, 2006

Mracの悶絶ピアノを聞きたい方へ Cinzia Spata / 93-03

cinza_spata


ウニオンのアウトレットから選らんだ1枚。
なんとも冴えないジャケットだけれど、参加メンバーは目をひいた。
Marc Corpland(p)と、Ron McClure(b)。
それから、Kenny Wheelerの曲2曲と、Horace Silver のLonley womanが演奏されている。
・・・欲しいなって人もきっと、いるでしょう。

リーダーのCinzia Spataはイタリア人の女性vo。
内ジャケを見ると、中々可憐な女性。このジャケットは、あんまりじゃないかな。
彼女のHPのトップページも魅力的でしょ。

‘80年に初レコーディングと言うから、結構長いキャリアだ。
ちょっと変わったアルバムタイトル。ここ10年の、お気に入りのレパートリーを集めたらしい。
それで93-03(録音は2003年4月)。

上に挙げた3曲とEvrey time we say goodbye以外は、彼女のオリジナル。
Kennyが書いた曲との相性も良い。その手の曲風と言えば分かる?
演奏のスタイルとしては、やはりNormaとか、Lucia Souzaとか、あの辺り。
ちょっとピッチの甘さが目立つけれど、芯があって、好きなタイプだ。

このアルバムでの聞き物は、Marc Corplandのピアノ。
いやいや。本当に困ったちゃんな、悶絶モノの演奏をしている。
この人のピアノってキレイなのだか、屈折しているのだか、分からない。
普通の人の感性から、ギリギリ外れそうなところ周辺で、へ~んなピアノ弾いている。
決して指癖ではなく、ひねくれた論理構成で、導かれるフレーズなんだろうな。
(今度、ピアノの人に聞いてみます。)
Marcのファンは、プッと噴出しながらも、おなかを捩じらせて、変態フレーズを満喫できると思う。
勿論、Everybody’s song but my ownでも、謎で美しいバッキング、ソロが聞ける。
Ron McClureは、でかいなりしているくせして軟弱って、決め付けていたのだけど、なかなかいいじゃない。

Cinzia嬢の音程がもう少し良ければなあ~。

===========================
Cinzia Spata / 93-03 (Azzuramusic)
Cinzia Spata(vo), Marc Corpland(p)と、Ron McClure(b)
Marcello Pellitteri (ds), Donny McCaslin(ss)

’03 4月録音

|

« CD購入 '06 1/17 | Main | ベースレッスン 1/21 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Mracの悶絶ピアノを聞きたい方へ Cinzia Spata / 93-03:

« CD購入 '06 1/17 | Main | ベースレッスン 1/21 »