« 良いお年を! | Main | 風の前奏曲('06 1/4) »

January 02, 2006

Jeanette Lindstroam / In the middle of this riddle

in_rhe_middle_of_this_riddle


明けまして、おめでとうございます。
今年も、よろしくお願い致します。
年末より、飲んだり、寝たり、怠惰な生活続けています。

明日は、また正月モードに戻ろうと思いますが、
今日は仕事したり、ブログのネタ探したり、ちょっとは活動的な1日のつもりです。

=========================================
今年トップのインプレはJeanette Lindstroam(oウムラウトが表記できません。すいません)の最新作、In the middle of this riddle。
Jeanette は当ブログでは2回目の登場。僕のお気に入りの女性歌手の一人だ。
Steve Dobrogoszとのduo盤「Feathers」の後、目立った活動が無かったのだけれど、’03のWalk(未聴)に引き続く本作。
そのまま引退かとも思っていたから、僕を含めファンのみんなは、安心したことだろう。

少女のような声、ちょっと鼻にかかったような声、それから鼻ぱしらが強そうな雰囲気
…僕みたいなオヤジにファンが多いかも。

ローズ、オルガンを使っていたり、ちょっとambient music(用法が違う?)っぽかったり、
今風の仕上がりなのだけれど、基本的には”I saw you(’97)”、”another country(’95)”と同じような路線だと思う。

以前は、” Jeanette Lindstroam quintet”とバンド名を背負っていた。本作は彼女単独名義のリーダー作。
そのせいか、(いい意味で)気が抜けたような、リラックスした雰囲気も漂っている。

1曲目“Always”はローズを使ったソフトファンク。
あれ、少し大人っぽい声、語り口になったかな?と、ほんのり感じさせる。
この位、“ほんのり”とした変化は、ファンにとっても楽しい。

タイトルを見ると、「Always」、「End」、「Too」、「Leaf」、「Here」、「By there」。
素っ気無いほどシンプルで、かえって想像力を働かせてしまうものが多い。
まあ、アルバムタイトルが“In the middle of this riddle”だからね。
・・・・残念ながら、こんなに素敵なタイトルの曲は無いのだよね。

クレジットが見つからないのだけれど、全曲がおそらくJeanetteによるものなのかな?
良いメロディメーカーだと思う。

聞いていて幸福感一杯になれるアルバムとは、ちょっと違うかもしれない。
初期のアルバムを彷彿させる、2曲目「From this tower」、8曲目「Going up」のように、
“いけいけガンガン”な曲がある一方で、
Jeanette自身の弾き語りによる、5曲目「End」のような、寂寥感一杯な曲もあったりする。
明るめな曲も、ちょっと影があるように感じる。Feathersで感じたような静寂、孤独感と似ている。
ラストのToo(Take 1)も、リスナーとして、突き放されたような感覚を持ってしまった。
静かな音楽は好きだけど、ほろ苦さを超えてしまう影みたいなモノは、あまり感じたくないな。

とは言え、去年買ったヴォーカルアルバムの中では特にいいアルバムだった。
ゆったり気分になれる、Always(1曲目)、The world(3曲目)、When thing get real(10曲目)などが僕のお気に入り。
蛙の鳴き声を上手く使った“Be there”も、なかなか良かった。
・・・蛙の鳴き声なんてね。SantanaのCaravan seriの虫の鳴き声を思い出してしまったよ。

参加ミュージシャンは知らない人ばかりだけれど、僕のお気に入りベーシストChristian Speringは勿論、皆良い演奏をしている。7曲目「Too」でのDaniel Karlsson(p)のルバートテンポのプレイ、色々な浮遊系の雰囲気を弾き分けるPeter Nylanderのギターが印象的だった。

前作Walkも見つけたら、聞いてみよう。
===============
Jeanette Lindstroam / In the middle of this riddle(Amigo)
’04 11月、 ’05 2月に録音
Jeanette Lindstroam(vo, p), Steffan Svensson(tp), Peter Nylander(g)
Daniel Karlsson(p), Christian Spering(b), Peter Danemo(ds)

|

« 良いお年を! | Main | 風の前奏曲('06 1/4) »

Comments

しぶちゃさん、明けましておめでとうございます!
“In the middle of this riddle”って、どこかで聞いたようなタイトル...。このジャケットは何度か目にしたことがあります。ノルウェイの歌手でしたっけ?
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: アーティチョーク | January 02, 2006 at 09:23 PM

アーティチョークさん

こちらは快晴ですが、朝は霜だらけで寒かったです。
日向は暖かく、気持ちいいっす。

そうですよね。どこかで聞いたようなタイトル。
韻をふんでるし。

ジャネットはスウェーデンの歌手です。
随分前は、僕の周辺で、かなり人気がありました。

なかなか、いい歌手だと思います。

Posted by: しぶちゃ | January 03, 2006 at 10:34 AM

あけましておめでとうございます。
今年もいろんな音楽で一年を過ごしたいと思います。
どうぞ今年もよろしくお願いします。

Posted by: Mercedes | January 04, 2006 at 06:16 AM

Mercedesさん

おめでとうございます。
今年も、胸キュンなジャズを沢山聞きたいと思ってます。

Mercedesさんは、今年大きな目標があるみたいですね。
応援してますよ!

今年もよろしくです。

Posted by: しぶちゃ | January 04, 2006 at 10:24 PM

しぶちゃさん、明けましておめでとうございます。
ってもう実感ないですね・・・・(笑)。
ブログにコメント下さってありがとうございました。
そちらにもレスさせていただきました。
昨年はポーランドブームでしたが、最後にポラ語のあけおめ、を。
Szczesliwego nowego roku !
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Posted by: オラシオ | January 05, 2006 at 08:36 PM

オラシオさん

おめでとさんです。
私は、ゴージャスに今日まで休みでした。
(ま、家で仕事してたので、変わらんのですが。)

早速(おそいけど)、アンケート書いてみましたよ。

今年も、面白くて、タメになる記事、期待してますよん。

では。

Posted by: しぶちゃ | January 05, 2006 at 11:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74992/7963345

Listed below are links to weblogs that reference Jeanette Lindstroam / In the middle of this riddle:

« 良いお年を! | Main | 風の前奏曲('06 1/4) »