« 【TB企画】ブログの目的 | Main | Simple acoustic trio/ trio »

October 08, 2005

スタンコが来る!! その後(2)

Tomasz Stankoの来日に関して、本人に問い合わせメールをしたこと、
その後、Ms. Anna Stankoより返事を頂いたことを以前書きました。(

アーティチョークさんがポーランド大使館からライブに招待された記事を書かれてましたが、
今朝、僕のところにも、招待メールが届きました。
(正確には、招待するので住所等を知らせろというモノでしたが。)

アーティチョークさん以上に舞い上がってしまってるのですが、
ほんの少しTomaszの来日について、書きたいなと思ったことがあります。

前回載せたAnnaさんからのメールにあるように、
このライブは来年のツアーのプロモーションが目的であるようです。
Tomaszらは、日本でのライブを実現するために、夏ごろは色々な検討をしているようでした。

何か情報があったら教えて頂戴とのことだったので、
日本のプロモーター、ホール、応援してくれそうなCD屋さんなどの情報(大抵は連絡先)
を調べて、Annaさんに知らせました。
僕自身も、この方達にメールを送り、幾人からは、ご丁寧な返事を頂きました。

その時知ったのは、
僕達リスナーは、簡単にCDで音楽を聞き、来日するミュージシャンが来れば、気軽に見に行く。
でも、その裏側には、色んな人が居て、ビジネスとして、様々な事柄が廻っている。
・・・・当たり前な話なんだけれど。

僕はTomaszみたいな、ECMを代表するアーティストだったら、
本人がその気になるだけで、来日できちゃう、なんて思ってました。・・・甘いですね。

昨年、ボラ・ラヴァの橋本公演を見て、ガラガラな状況に、もったいなあ、
なんて軽く思ってましたが、興行的には、おそらく完全な失敗。
・・・関与した人たちは、どんな風に感じたでしょうか。

一方、ヨーロッパのピアノトリオを特集的に組んだ、ライブもありました。
素人目には、ビジネス的にも成功したライブに見えます。

海外を見ると、面白そうなライブが一杯。
もちろん、ミュージシャン自身の拠点に近いと言う利点もあります。

日本でも、あらら、こんなの見れちゃうのって、ライブもあります。
ラバ・ボラがそうですし、それより少し前に見たD.D. Jacksonのライブなんてのがそう。
行けなかったけれど、Atomicのライブも最近ありました。

日本人は、他の国と比較してもジャズに熱心と言われるし、そこそこお金がある人も居る。
一体、どんな条件が揃うと、日本でライブは催されるのでしょうか?
日本人はCDは買うけれど、ライブには行かないのかしら?

長くなってしまったけれど、今回のTomaszの来日の目的はプロモーションとのこと。
望ましくは、既に良い結果が出ているように。
もし、まだだったら、今回の来日が良い結果に繋がるように。
そんな風に願ってます。

来年は、Tomasz、それから色んな人達のライブを見たいですね。

追伸:
 僕も、大使館にラブレターを送りましたが、ふられたようです。
 その代わり、Annaさん経由で、Tomaszのプロモーター氏から招待する、と言うメールが来ました。
 まだ、半信半疑です。役に立たなかったと思うけれど、幾つか情報送ったからかな。
 多分そのお礼だと思います。ああ、いいことって、あるんだなあ。めちゃ、うれしいです。
 ホールの仕様なんては、多少参考になったかしらん?

 もちろん、招待が実現したら、ファンとしての意見を熱く関係者に語りたいと思います。

|

« 【TB企画】ブログの目的 | Main | Simple acoustic trio/ trio »

Comments

しぶちゃさん、こんばんは。
ご招待が実現しそうで本当に良かったですね!
それにそれに、しぶちゃさんて素晴らしい!ちゃんと筋を通して、STANKOの熱心なファンとして行動を起こし、多方面へも手を尽くしていらっしゃるんですから。私みたいな一夜漬けファンとは違いますもん。しぶちゃさんの熱意と行動力には頭が下がります。
ミュージシャンは、おそらく招聘されなければ来日出来ないでしょう。主催者側にしてもある程度の採算が見込めなければ二の足を踏むことでしょうし。もし私が大金持ちだったら、自分の好きなミュージシャンをどんどん日本に招聘するのになー。
こちらからもTBさせていただきました。

Posted by: アーティチョーク | October 08, 2005 at 11:51 PM

それからもうひとつ。
日本には文化芸術を育てるという土壌が少ないような気がしています。例えば、お金持ちが自分の気に入ったアーティストをサポートする(つまりパトロンとして)というようなことがまったく無いとは言いませんが、少ないのではないでしょうか。
これはお金持ちで、しかも目利きでないといけないですから、そういう人物が日本にどれだけいらっしゃるかということなんですけれど。これはあくまでも私個人の意見で、見当違いでしたらお許しください。

Posted by: アーティチョーク | October 09, 2005 at 12:02 AM

肝心なこと書くの忘れてました。
で、そういう理由もあって、いくら素晴らしいアーティストだからといっても、採算を度外視してまで海外から招聘するようなことにはならないということではないか。ということが申し上げたかったんです。

Posted by: アーティチョーク | October 09, 2005 at 12:09 AM

しぶちゃさん、そんな素晴らしいことをなさってたんですね。
あなたのような方を前にして、私は果たして「日本きってのポーランドジャズファンやで!」などと名乗る資格があるのでしょうか。
もしこれがスタンコでなくナミスウォフスキであっても、私なら「ええっ、民間人はダメなのか~」と手をこまねいて傍観しているだけだったでしょう。
今回のしぶちゃさん、アーティチョークさんの行動を記事で拝読して、本当の「ファン」ならもう少し積極的な行動も必要なのかも知れない、と勉強させていただきました。
もし私がお金持ちになったら、ジャズハウスでもやって、他では絶対に見れない私の大好きなアーティストを呼びまくろう、なんて夢見てますけど・・・・。
思うに、日本は凄く情報が多方面に渡って入手出来るという意味では最高に良い国なんですけれど、「マイノリティ」は結局いつまでもマイノリティなんですよ。
あとはそのマイノリティの宣伝が下手。
愛知万博も各国から凄いミュージシャンいっぱい呼んでいたのに、そのことを知っている人がいったいどれだけいたのでしょう?
そういう意味でのフェアな姿勢がない。
政治も芸術も長い目で見れないようですし。
でも、スタンコの日本ツアー実現すると良いですね。
そして、スタンコとお話が出来て、アーティチョークさんとお会い出来ると盛り上がるでしょうね。
どうぞ、私の分まで楽しんで下さい。
失礼します。

Posted by: オラシオ | October 09, 2005 at 01:09 AM

アーティチョークさん、オラシオさん

おはようございます。
ミーハーなんで、たまにミュージシャンにe-mail出してしまうのですよ。この前はHerschに楽譜の件、聞いちゃったし。
たまたま僕の好きな人達は、やさしい人ばかりで、丁寧な返事もらえること多いです。
すんごく、うれしいことも、以前あったし。


今回も、Annaさんから(奥さんかな、それとも娘さん?)から返事貰ったときは、少し舞い上がって、情報集めなきゃと思ってしまいました。

であるので、全くの考えなしの行動なんです。全然、筋を通した行動なんかじゃ、無いです。

ライブ興業(トマスのことじゃなく)については、きっと難しい問題が多く、ファンとしては、縁を待つしかないのかもしれません。

それほどライブに出かけない私も、ここ数年ではEST,
カーリンクロークとヤコブヤング、ポルタルも見てます。
それに、気が付くと、こんなんのが!ってのもありますもんね。

やっぱり、ファンは声を出しつつ、待つと。。。

そんな感じかもしれません。

Posted by: しぶちゃ | October 09, 2005 at 09:12 AM

わざわざ僕のところにまでご報告していただきありがとうございました。

よかったですね!!
是非楽しんできてください!!

是非、来年日本での公のライブが実現することを楽しみにしています!しぶちゃさん!お願いいたします!

ちょっと話がそれますが、マヌカチェのニューアルバムのスタンコの演奏に今は浸っています。

Posted by: 北欧飛行 | October 09, 2005 at 08:59 PM

北欧飛行さん、こんにちわ。

ええ、なんとなく行けそうな雰囲気なんです。
行けたら、しっかりレポートしてきますね。
デジカメも、持っていこうかな。

マヌカチェの新譜も良さそうですね。
評判がいいみたい。
ECM ボボも、ラヴァも、昔の再発モノも、欲しいやつばかりで、ちょっと困ってます。

演奏活動の方はいかがですか?
機会があったら、見に行きたいです。

ではでは。

Posted by: しぶちゃ | October 10, 2005 at 01:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74992/6309541

Listed below are links to weblogs that reference スタンコが来る!! その後(2):

» TOMASZ STANKOの来日 [晴れ時々ジャズ]
10月26日のTOMASZ STANKO来日のことがオラシオさんとしぶちゃさんのところで話題になっていましたね。 MARCIN WASILEWSKI, SLAWOMIR KURKIEWICZ, MICHAL MISKIEWICZ / TRIOを聴いてすっかり気に入った私は、このトリオと一緒に来日するというTOMASZ STANKOの大使館でのライヴ... [Read More]

Tracked on October 08, 2005 at 11:34 PM

« 【TB企画】ブログの目的 | Main | Simple acoustic trio/ trio »