« ベーシストに関する統計 | Main | もう1枚秋のアルバム Gabriele Mirabbasi & Stefano Battaglia / Fiabe »

September 15, 2005

ベース 8月末から9月中旬

8/28 バンドリハ
今年から、復活ムードであった、社会人バンド(ts入りカルテット)であるけれど、なかなか皆の都合が合わない。
今回はdsのデジョ君に突発の仕事が入り、ts-p-bのトリオで。
最近、dsとやる機会がめっきり減って。なんだか、ds恐怖症になりそうな雰囲気。
ds有ってのバンドなので、練習できる曲が限定されてしまう。
それでも、High wire(Joe Farell)などをやる。・・・難しいなあ。これ。ソロはあかん。
それから、シューマンの「子供の情景」は第1曲「異国より」をpとのduoで。
なかなか気持ちいいジャズワルツになったと思う。

9/1 セッション
最近某レストランでの、セッションの回数が多くなってきた。
この日はみつこさん(p)、Sugi氏(ts)とのトリオ。
昨年の今頃、5年ぶりくらいに、みつこさんを誘ったのがキッカケで、もう10回目くらい。
曲の好みも8割がた一致しているし(一部極端に合わないとこも)、Sugi氏のtsも素晴らしいので、毎回楽しみ。
up jumped spring, little b's poemのワルツ、
some other time, spring can really hang you up the mostなどバラード系が良かった。

9/11 ベースレッスン
師匠との都合が合わず、1ヶ月半ぶりのレッスン。
レッスンが無いと、クラシックの練習が、どうしても怠けてしまう。
それでも、シマンドルpart 7のetude 1は、一応OKが出た。(・・・酷いもんだけれど。)
今までアルコは、上手く出来ないのもあって嫌いだったのだけれど、
ちょっと、アルコでテーマを、なんて気も出てきた。

9/14 セッション
レストランでのセッション。K子さん(p)とのduo。
彼女とは、3年くらい前にp-g-bのトリオで、1回だけ御一緒したことがある。
美メロ好き、初見にも強く、とても素敵なピアノを弾く方なんで、また機会があったらなあと、ずっと思ってた。
ひょんなことで、キッカケが。

3年前は、お店で初顔合わせ、その場で曲決めだったのだけれど、今回はメールで色々やり取り。
19:00~20:00までは、お客さん(セッションなので、正確な表現で無いな。)は0。
その間、リハも出来たので、良い演奏になったと思う。
 
K子さんのピアノは、美しいだけでなく、なかなかアグレッシブなピアノ。
私は、おんぶに抱っこの演奏。(いつもと同じ)

アースキントリオのEsperancaが演奏できたのが、嬉しい。duoでやる人はあまり、居ないだろうな。
その他の曲は、やはりアースキントリオのTouch her lips and part, Terje Gewltのwilder、
イパネマにアリス、moon and sand, Vergo(shorter), Island, Some other time, estate....てところ。

お客さんも、何だか喜んでくれて、嬉しかった。
カップルが、ビールをご馳走してくれた。
マスターが炭焼きしてくれた、秋刀魚も美味しかったあ。

1ヶ月に1回くらい、やろうか、って話に。(ベースよりも、選曲に惹かれたのですね、きっと。)
仕事に響きそうだけれど、是非是非。

|

« ベーシストに関する統計 | Main | もう1枚秋のアルバム Gabriele Mirabbasi & Stefano Battaglia / Fiabe »

Comments

アグレッシヴにご活躍されていますねえ~。
似たり寄ったりの選曲でお茶を濁しているアマチュアバンドが星の数ほどある中、独特のセレクトは本当にご立派です。
私も「バンド」というものに関しては一家言あり、選曲も絶対にお客さんにとっても自分たちにとっても面白いものだという自信があるのですが、いかんせん田舎に引っ越してからは収入も生きるだけでカツカツ、練習場所もろくになく、一緒にやろうと思っている大学時代のサークルの同級生とはなかなか連絡が取れず・・・・・と四面楚歌状態です。
私のバンドのコンセプトは「オリジナル」「あんまり知られていないけど凄くいい曲をスタンダードのようにやる」「よく知られている曲をあっと言うようなアレンジでやる」の3つですね。
セッションはやる場所がなくもないんですけど、私はセッション否定派(しぶちゃさんへの批判じゃないですよ~!)なので、本当に演奏する場所がなく、家でしこしこ練習しているだけです。
私はこれまでほとんど練習せずに弾いていたんですけど、色々行き詰まって来て、基礎練はやっぱり大切だな、と思い直しているところです。
しばらく6弦ばかり弾いてたんですが、弦が切れたので久し振りにフレットレス弾いたらそれはそれで気持ちよくて。
耳の練習にもなりますしね。
これからも面白いご活躍、期待しております。
失礼します。

Posted by: オラシオ | September 16, 2005 02:33 a.m.

オラシオ様

こんばんわ。
バンドと音楽鑑賞は、今の私には必要不可欠なものです。(と思いたいところ。)
なんだか、仕事が忙しくなればなるほど、音楽のウエイトが増えていく、って感じです。
もともと、切羽詰まらないと、本腰を上げない人間なので、本能的?に追い込んでいるのかも。

それはそうと、音楽的には、とても楽しい毎日だと思います。
今演奏している方達(とりあえず、自分では4組居ると思っている)は、それぞれ個性があって、バンドとは言えないまでも、その個性が活かせるユニットだと感じてます。

パーマネントに回していきたいのですが、いつまで、出来るんだろう。
ま、あんまり先のことを考えずに、楽しくやります。(+向上心を持って。)

セッションは、僕も苦手です。
気持ちとしては、ライブなのですが、まあセッションって表現で、演奏記録を書いてます。

オラシオさんが、演奏活動の難しさを書いてるけれど、本当にそうですね。
去年の今頃は、仕事の都合や、メンバーの体の具合で、さぁ~っと、演奏機会が減ってしまいましたが、今は逆に増えつつある状況です。

ほんと、出会いなのですが、オラシオさんも、いいメンバーに恵まれると良いですね。僕は、いつか、オラシオさんのバンド聞きたいと思ってます。
美メロの連続攻撃を味わうことができそう。

練習についても、レッスンを受け初めて丸3年。ヘボベな私にもやっと効果が現れたきたようです。
練習の重要性も、最近納得してきました。

とりとめもなく、長くなってしまいました。

では。


Posted by: しぶちゃ | September 17, 2005 07:16 p.m.

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ベース 8月末から9月中旬:

« ベーシストに関する統計 | Main | もう1枚秋のアルバム Gabriele Mirabbasi & Stefano Battaglia / Fiabe »