« ボラ meets ウッズ | Main | ボラ&バーバラ »

August 07, 2005

Rava、Vitous、D'Andrea、Humair / Quatre

quatre1quatre2

Enrico Rava(tp)、Miraoslav Vitous(b)、Franco D'Andrea(p)、Daniel Humair(ds)のスーパーカルテット″Quatre″。
'89に録音されたこのアルバムと'91の″Earth Cake″の2枚のCDが同じメンバーでリリースされているようだ。

Earth cakeは地球を型どったケーキの可愛いジャケット。
音の方は強烈で4人の巨人が地球を食べてしまったと言うような感触。
スリル感では劣るかもしれないけれど、分りやすいメロディの多い、″Quatre″の方が僕は好きだ。

このバンド、ネット通販でRavaを検索していて知ったのだけれど、組みあわせには少し驚いた。
D'Andrea 、Ravaの組、Vitous、Humairの組の共演アルバムもあるけれど、この4人がねえ。
演奏する音楽の多様性と面白さ、高度な演奏技術。聞いてみたい!と思う人も多いと思う。

4人の個性が強く出ていて、blindfold testには簡単な素材かもしれない。
それぞれが、とっても面白いのだけれど…例えばVitousのベース。
僕は場をコントロールするのがベース役目の一つと思っているのだけれど、
このアルバムでは、演奏がVitousに支配されているようなところが、所々にある。

軽やかに弾むのだけれど、ズンズンとした4ビートライン。
時折入れる連続する8分音符が、地響のように、雷のように(遠くで鳴ってたり、近くで鳴ってたり)、聞こえたりする。
弦楽器というより、打楽器的な雰囲気も。
軽やかな4ビートランニングでは、16分音符も取り入れることもある。
指が弦上に滞在する時間は、すごく短いのかなあ。それでも存在感がある音。
弦をはじく早さだけで、無いのだろうな。

一方、メロディックに歌い上げるソロでは、一つ一つの音の輪郭がはっきり。
こちらでは、指を引っ掛けてるのかしらん。
弦と指が考えられないくらい仲良しなんだろう。
きっと何も考えてないと思うけれど、その場にあった音色・音量が出てくる。すごいなあ。

このアルバムは、Vitousの魅力を改めて確認できる、名盤だと思う。
1曲目は、Hunair作曲のキャッチーなテーマのミディアムの4ビートで演奏される“Mode for Versace”。
Humairのドラムの引き続き現れる、イントロ部のVitousはちょっと間が抜けているのだけれど、
その後は、彼の魅力のShowcase。
単純でかっこいいTpのテーマリフでのバックでの暴れぶり(端正なので、表現が妥当では無いのだけれど)、
Rava、D’Andreaのソロをスインギーにバックアップする4ビートライン、
超絶なのだけれど分かりやすいメロディのベースソロ。
高音部で、思い切り弾いたときの、彼特有のキシみ具合がたまらん。
(ベースフェチの私は、色んな人のキシみ具合を楽しんでるのだけど。)

続く、F.Expressは、Ravaのとっても美しいバラード。
ルバートテンポに近いテーマ、それに続くのピアノソロ、
D’Andrea、Vitousは寄り添うように演奏しているのだけど、すんげー良いのだよなあ。
二人とも、そんな難しいことしていないのだけど。
Vitousのソロは、ファンには嬉しい長尺。僕はこのソロが大好きだ。
やっぱりメロディアスで分かり易いし、キシミ具合もばっちり。胸に染み入るソロだ。
Ravaのソロでは、フレキシブルにリズムが変化していくのだけど、
ここでの4人の親父達の寄り添いぶり(気持ちわりい)が、とても胸キュンなんだ。
F. Expressって曲名も、なにやら、ジンと来るしね。

3曲目は、Vitousの短いソロパフォーマンス。ピッチカートと、アルコを交互に。
Vitousのアルコってピッチカートに比較すると技術的な完成度が低いと思うけれど、エグミがあっていい。
この曲は、Autoscontoriってフリー度の高い4曲目の導入にもなっている。

・・・・Vitousのことだけ書いてしまっただけど、他の3人も、勿論かっこよい。
Franco D’Andreaは、イタリアジャズ界の重鎮であることは間違いないけれど、ちょっと露出度が低いと思う。
‘90頃のAldo Romanoのカルテットでの活動が知られているくらいでは?
イタリアに閉じこもってないで、もっと色んな人との演奏の機会が増えれば良いのに。

===================================
Rava、Vitous、D'Andrea、Humair / Quatre (Platinum)
Enrico Rava(tp)、Miraoslav Vitous(b)、Franco D'Andrea(p)、Daniel Humair(ds)
’89 2月、3月録音

Quatre / Earthcake (Label bleu)
演奏者は同上
‘91年 1月録音


|

« ボラ meets ウッズ | Main | ボラ&バーバラ »

Comments

僕はおそらくこの数年の中で、一番感銘を受けたアルバムです。
自分のブログにこのアルバムを取り上げようと思って、ネットを検索したら、こちらのブログにあたり、感動しております。

ビトウス巣晴らしですよね。

実は私、このアルバム3年前に紛失してしまいまして、ことあるごとにレコード屋をめぐって探しております。Label BleuのHPに行って
ネット通販しようともおもいましたが、何とかマーケットで入手しようと粘っています。

Posted by: bsaku | March 12, 2008 11:48 p.m.

おお、放置しっぱなしのブログにコメントがついたと思ったら。。。

あの、一応bsakuさんの先輩です。わたし。わはは。
へたれなH松です。

お元気そうですね。
先週K田さん(シンジケート)のセッションが部室であるはずだったのですが、急遽なくなってしまいました。

このアルバム良く使ってたイタリアの通販サイトでめっけました。
すんげーメンツですよね。今聞いてみよっと。

Posted by: しぶちゃ | March 12, 2008 11:59 p.m.

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Rava、Vitous、D'Andrea、Humair / Quatre:

« ボラ meets ウッズ | Main | ボラ&バーバラ »