« スタンコが来る!! その後 | Main | Rava、Vitous、D'Andrea、Humair / Quatre »

August 03, 2005

ボラ meets ウッズ

woods1woods2

イタリアで演奏するアメリカ人プレイヤーも多い。
Chet Baker、 Lee Konitz、最近だとJerry Bergonzi。
Phil Woodsもその一人だ。
Redと並ぶ、イタリアの有名レーベルPhilologyは、すぐ想像できるように、Phil Woodsの名前にあやかったもの。




このレーベルプロデューサーのPaolo Piangiarlli、一人で切り盛りしているように見えるが、
リリースされるCDは面白いものが多く、僕の大好きなレーベルだ。

Paoloの叔父さん、だいぶお歳を召されていると思うけれど、
D’Andoreaの諸作からも分かるように、随分チャレンジ精神に富んだ方と思う。

曲名のミスなど、お茶目なところもあるけれど、これからも、頑張ってもらいたいところ。
(注:でも、トンデモナイのが、たまにあるんだよなあ。→最後に、ちょこっと書きます。)

で、今回書きたいなと思ったのが、ウッズとボラーニの出会いのCD。

2000年に録音されたPhil Woods in Italyと言う7連作のうちの2枚。
Philologyは、連作モノが得意なのだけれど、これはPaolo爺の渾身の力が込められたシリーズだろう。
ライナーノーツにも、爺の熱い想いが語られている。

なんでも、ウッズはBNとExclusiveな契約をしてた時期が長くあったとのこと。
このシリーズは、ウッズがそれを解約したことで作ることができた、爺にとっても記念碑的な作品なんだ。
ウッズも7作全てに、家族に捧げており、それぞれの作品に楽しいコメントをつけている。
多作家のウッズ。僕は、その少ししか聞いたことが無いけれど、ウッズにとっても大切な録音になったのだと思う。

ボラーニとの競作は、Chapter2のvoce e EuとChapter7のWoods plays Woods。
前者はBabara Cashini、ボラ、ウッズのトリオ。
後者は、ボラ、Ares、Massimoってお馴染みのトリオにウッズが加わったカルテット。
両方とも、とても良いアルバムだ。

voce e Euはブラジル集。
ライナーノーツには、ウッズ、Barbaraのコメントが載っているけれど、
二人とも、ピアノだけの伴奏ということで、録音前は少し心配だったような雰囲気が伺われる。
蓋を開けてみたら…。ボラの伴奏だもの、悪いわけ無いのだけれど…
ウッズも、Barbaraも、一音出ただけで、心配は吹っ飛んだって。

BarbaraはEnrico Ravaとの競作であるVento(Label Bleu:これも良いのだ~)で聞いてたのだけれど、ボサなどブラジル系の音楽を主体に活動しているのかな。

VentoでのBarbaraは洗練された印象。
Ravaの親父の色気に負けて、よそ行き姿なのかしらん。
それに対し、ここでは田舎っぽい感じ。太陽とむぎわらのにおいがする。
いろんな顔を持っているところが大人の女の魅力かも。

最初は、田舎っぺぇなあと、それほど気にならなかったCDだったけれど、
丁寧に、それから何度も聞くほど、好きになるアルバムだ。

ラヴァと異なり、裏表がなくストレートなウッズ。
それに合わせてか、ボラーニは、派手な掛けもないけれど、非常に細やかな演奏だ。
彼のファンだったら引き込まれて色々な発見をすると思うし、
初めて聞く人も多彩な音色に驚くのではないかな?

全部、ゆったり聞けるボサノバ・サンバ。
1曲目のちょっと微妙なゆったりテンポでのfotografia(jobim)。
ボラはラグタイムみたいな、トツトツと音を置いていくようなバッキング。
左手の音量と音の切りかた、時折混ぜるペダルを一杯に効かせたフェルマータが絶妙なんだな。
ボラのソロに続くウッズも、安定した歌いっぷり。

僕が特に好きなのは5曲目のアルバムタイトル曲。
ボラの涼やかなイントロが素晴らしい。
水面に石を投げ入れた時の水紋の広がりを見ているよう。
軽いサンバタッチの曲で、気持ちいい風のような、Barbaraの歌も、それに絡みつくウッズも素晴らしい。

8曲目は楽しいカリプソ風の曲(Pra que disctir com madme)。
ピアノソロは、高音部を中心とした、少しクラシックの練習曲みたいな展開。

ちょっと不思議な音がしない?

昨年のボラ・ラヴァのライブで目撃したのだけれど、
ボラは、本当にキレイな口笛をふく。・・・これは、知らない人、多いのでは?

すごく小さな音なのだけれど、それがピアノの高音部と重なって、鈴みたいな音になる。
多分、ここでも口笛をふいていると思う。

9曲目もJobimのEstrade branca(英語のタイトルは何だろう)。これもいい曲だ。
バラードのようなゆったりしたテンポでの演奏。

とても長くなってしまったので、もう1枚のWoods plays Woodsについては、止めてこう。
こちらは1曲抜かして、ウッズのオリジナル曲集。ストレートアヘッドの演奏を聴くことができる。
ボラ、Ares、Massimoのトリオも快調に飛ばしている。かっこいい。

はじめの方に、家族に捧げたシリーズと書いたけれど、
Woods plays Woodsは息子さんのGarthさんに、voce e EuはKim Parker(vo)に捧げられている。

ウッズとボラ、この後2003年には、ラヴァ、コニッツを加えた凄い面子のライブ盤を出している。
(コニッツが不調だけど。)
また、ライナーノーツによると、duoによるバラード集も予定されているようだ。
なかなか、良い組み合わせだと思うよ。この二人は。
それから、良く調べるとBarbaraの旧譜にも、ボラが参加している。こっちも興味深い。

<おまけ philologyのウーム>
僕が聞いたことあるのは、カタログのほんの一部だけれど、ウームと思うものも。

〇Lee Konitz, Tiziana Chigilioni, Stefano Bataglia / So many stars
 中々のメンツでしょ。たまたま、今回コメント書いたアルバムと同じ編成。
 これ、名盤になりそこなってるんだよなあ。すごい、いい演奏が入ってる。
 ・・・なのに、すんげーいい加減な、いらついてしまうような編集。
 Paolo爺、絶対音楽好きなはずなんだけどなあ。うーむ。

〇Chet La musica infinita
  これは、トンデモ盤でも、何でもありません。ジャケにはranato sellaniと、Bossoの名前が!
 よく見ると、その下にPaolo Piangiarelli/ voce recitanteと。
 わからんけれど、どうもPaolo爺が、延々とChetの思い出を語ってるようです。
 きっと、感動的な内容なんでしょう。。。

|

« スタンコが来る!! その後 | Main | Rava、Vitous、D'Andrea、Humair / Quatre »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ボラ meets ウッズ:

« スタンコが来る!! その後 | Main | Rava、Vitous、D'Andrea、Humair / Quatre »