« 甘酸っぱい2 Doctor3 | Main | ボラ meets ウッズ »

July 29, 2005

スタンコが来る!! その後

北欧飛行さん、オラシオさん!
スタンコ来日の話ですが、メールの返事が来ました。

と言っても本人からでは、ありませんが。奥さんなのかな。

大ニュースですよ。
どうも、来年くるかもしれませんよ。それから、この情報を皆に伝えてくれって。
日本に沢山ファンがいることを知ってもらわないと、ですね。

メール、ちょっと割愛部分もあるのですが、転載しますね。
なんだか、感激、うるうる状態です。

I am writing on behalf of Tomasz Stanko.
Thank you for you letter, which gave us a lot of joy. It is good to
hear that jazz fans from Japan know Stanko's music so well.
The concert in Autumn 2005 is suppose to be an introduction for a
longer tour next year. That is way your e-mail was so encouraging.
Please spread the news that there could be Stanko's tour next year. It
will be very helpful to us for the future arrangements.

All the best,

CDコンプリートしないとまずいかな。

|

« 甘酸っぱい2 Doctor3 | Main | ボラ meets ウッズ »

Comments

おお!情報ありがとうございます。
私も情報を広めたいと思います。

ということで、早速mixiでも報告させていただきました。

Posted by: 北欧飛行 | July 30, 2005 at 11:09 AM

スタンコ"Freedom in August”ってアルバム出したみたいですね。彼のHPに載ってました。
それから秋にはECMで新譜を録音するとのこと。

結局は、こっちのプロモーターが公演の可否を決定するのかなあ。
Stankoだったら、お客さん集まりそうだけど。


Posted by: しぶちゃ | July 31, 2005 at 01:03 PM

>しぶちゃさん

凄いですね!
直接返事が来たなんて。
私も情報記事アップしましたので、TBさせていただきました。

>北欧さん

はじめまして!
TB先の記事中で勝手にお名前を出してしまいました。
来日、楽しみですね。
これからもよろしくお願い致します。

お2人とも、情報ありがとうございました!
失礼します。

Posted by: オラシオ | July 31, 2005 at 10:08 PM

>オラシオさん

はじめましてです。
オラシオさんのHPにもお伺いいたしました。
今後ともよろしくお願いします。

Posted by: 北欧飛行 | August 01, 2005 at 01:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74992/5221276

Listed below are links to weblogs that reference スタンコが来る!! その後:

» トーマス・スタンコ続報! [ 北欧へ]
続報です。 しぶちゃさんという私と同じくトーマス・スタンコの来日を楽しみにされて [Read More]

Tracked on July 30, 2005 at 11:24 AM

» 来日?トマシュ・スタンコ [オラシオ主催万国音楽博覧会]
ポーランドジャズの4大星人の一人、トマシュ・スタンコ(TOMASZ STANKO)が、10月に来日します(他の3人はズビグニェフ・ナミスウォフスキ、ミハウ・ウルバニャク、ウルシュラ・ドゥヂァク)。 相互リンクを張って下さっているしぶ茶なジャズ のオーナーでいらっしゃる、しぶ... [Read More]

Tracked on July 31, 2005 at 10:03 PM

« 甘酸っぱい2 Doctor3 | Main | ボラ meets ウッズ »