« 聞いてるうちに。。。。William Parker /Luc's lantern | Main | サンタナが来る! »

June 05, 2005

Vince Mendoza/ Sketches

sketches

Vince Mendozaの名前を知ったのは、ECMのPeter Erskine trioの”You never know”でだ。
いやに良い曲だと思って見ると、彼の名前がずらっと並んでいる。

何を演奏しているのだろうと思ったのだけれど、作曲・編曲者だった。
大編成の音楽に、あまり興味のなかった僕だけれど、彼の音楽でその面白さが分かってきたと思う。
(Maria Schneider、Kenny Wheelerのビッグバンドも同様)

このアルバムは3枚持っている中の1枚。もう2枚は '89録音のstart hereと '97録音のepiphany。
前者は3~9人のコンボの組み合わせ、後者はkenny wheelerを中心としたコンボとlondon symphony orchestraのコラボ。
両者とも、溜息が出るくらい豪華なメンバーだ。

SketchesはWDR big bandに下に挙げるゲストが参加した作品。
(WDRは、Joakim Kuhnトリオとの共演も有名なビッグバンド)
Charlie Mariano(1曲のみ)、Dave Liebman、Ngyen Le、Peter Erskine、Dieter Iig

中でもリーブマンとNgyen Leの参加が目をひく。
Ngyenはイタリアのtp奏者Paolo Fresとの共演が多いロックテイスト溢れるギタリスト。
ベトナム系フランス人であるが、そのオリエンタルなフレーズを聞けば、すぐに彼だと分かる強烈な個性を持ったプレーヤ-だ。
風貌は、インテリな危ない人って感じ。音と似通ったところがある。(先入観??)

上記のMendozaのアルバムには、ジョンスコ、アバクロ、Ralph Townerなんて同様に個性的なギタリストが参加しているが、NugyenとMendozaを結びつけることは難しかった。

結果は…大正解。
この位の凄いミュージシャンは、おそらく、
題目に合わせて、個々の持ち味を最大限に良い形で、表現できると思うけれど。
この場合は、MendozaとNgyenの組み合わせを考えた人が、すごかったのかもしれない。
Mendozaのアレンジによる清楚なホーンのアンサンブルに、ちょっと変態的なウニウニギターが乗っかている!
二人の個性を知っている人は、頭の中で、この音を想像できるのかしらん?

アルバムは、ラベルの「なき王女のためのPavane」から始まる。
ここではCharlie Marianoとリーブマンがフィーチャーされる。
Mariano自身も以前、この曲を取り上げたことがあるようだけれど、二人のメロディの歌い上げ方が素晴らしい。
クラシカルなバッキングを従えた、リーブマンのソロは鳥肌ものだ。

その後、Sketes Part1~8までと題された、Mendozaの自作曲が続く。
(ここでは、おそらくMarianoは参加していない)。
リーブマンとピアノの静かな演奏から始まり、リーブマンが爆発する中盤、
そしてMendozaらしいホーンアンサンブル(ちょっとホノボノ、幸せな気分になれる)Part8まで、聴き所は満載だ。
・・・・構成が複雑すぎて、この曲のどこかが、良いと言うのは、僕にとっては難しい。

Ngyenに焦点を当てると、Part2,3,8の3曲で、彼の長いソロパートを聞くことができる。
Part3は、リーブマンによる美しく長いイントロパートがあり、Ngyenによるテーマ提示がある。
これは、Ngyen自身のアイディア?と思うくらい、彼の個性にあった、オリエントな雰囲気のメロディだ。
その前のイントロパートは、どちらかというと北欧ジャズという感じなので、そのコントラストが面白い。

Part3終盤から、少し唐突な感じでリーブマンとアースキン二人だけによる、高速の4ビートの演奏が始まり、そのままPart4になだれ込む。Part4は、tpとssのユニゾンよる高速のリフもカッコよく、ビッグバンドの真骨頂とも言える演奏。
WDRのtp二人、他のソロもカッコ良いのだけれど、次のリーブマンのソロが熱すぎる。
その後、リーブマンは、WDRのメンツを相手にソロ交換をするのだけれど、本当に火が出るような演奏だ。
このCD最大の聴き所だと思う。
一転して、Part5は、静かな演奏。tb、b、ピアノのソロを聞くことができる。各々のソロの後の、緻密に構成されたアンサンブルがキレイ。

どんな音楽にも、コントラストって必要だけれど、
MendozaのこのCDは曲ごと、1曲の流れの中、ソロイストの持ち味、ソロとバックのアンサンブル…
様々なところに、明暗だけでなく色彩的なものを含んだ、大きなコントラストがある。

彼は若い頃、クラシック作品の分析に没頭したらしいのだけれど、この音楽のバックグランドには、
才能だけでなく、そう言った情熱もあるのだろうな。(これも当たり前だけれど。)

‘97年以降の、彼の新作は無いのだろう。一方でJoni Mitchell、Jane Monheitなどのアルバムで素晴らしい、オーケストレーションを聞かしてくれている。(前者はニアミスも無かったと思うけれど、ケニーとshorterの名前があったりする。)
大編成の音楽作品は作るの大変と思うけれど、新作を聞いてみたい。

======================================
Vince Mendoza/ Sketches(Act)
Vince Mendoza(arrangement, composition & direction)
Charlie Mariano(as)、Dave Liebman(ss)、Ngyen Le(g)、Peter Erskine(ds)、Dieter Iig(b)
WDR Big Band
‘93/11、12月録音

|

« 聞いてるうちに。。。。William Parker /Luc's lantern | Main | サンタナが来る! »

Comments

このアルバム、僕も大好きです。というか実はmendozaが大好きなんです。彼のリーダーアルバムは全て持ってます。ちなみに上記以外ではJAZZ PANAというアルバムもお気に入りです。お勧め曲は「EL VITO EL GRAN TAMANO」です。これも確かWDRが演奏してます。92年録音作品です。

Posted by: 北欧飛行 | June 06, 2005 12:00 a.m.

北欧旅行さん。うちのバンドは、esperancaが愛奏曲だったりします。Vince Mendozaほんとに、魅力的だと思います。
Jazz Panaは、情けない話ですが、ウニオンで投売りされていて、財布持ってなかったんですね。小銭で1000円ちょっと持ってたんですけど、結局bob mosesを選んでしまいました。
後悔してないけれど、その後、出会わんのです。はあ。買えば良いのですが、1回あの、値段を見てしまうとね~。(ダメファンの見本)

Posted by: しぶちゃ | June 06, 2005 10:13 p.m.

リーブマンとマリアーノの「パヴァーヌ」ってどんな感じなのでしょう。
こちらもTBさせていただきますね。
ありがとうございます。

Posted by: jazzclub | June 27, 2005 11:05 p.m.

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Vince Mendoza/ Sketches:

» 癒し系の音楽/亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル) [ジャズ&クラシック・レコメンド]
 今週のトラックバックステーションのお題は「癒し系の音楽」。と言うことでモーリス・ラベル作曲「亡き王女のためのパヴァーヌ」を紹介する。  この曲は旋律が繊細で透明感があり、いつ聴いてもほっとする、正に癒し系の音楽だ。最近では「北の国から〜遺言」でも効果的に知られていた。  最初ラヴェルはピアノ曲としてこの曲を作り、のちに自ら管弦楽曲に編曲。どちらも趣向が同じなのが非常によろしい。  が、わたしが最初にこの曲を知っ�... [Read More]

Tracked on June 27, 2005 11:06 p.m.

« 聞いてるうちに。。。。William Parker /Luc's lantern | Main | サンタナが来る! »