« サンタナが来る! | Main | ベース('05/5下~6上) »

June 10, 2005

ジャズへの入口 2 Mark Almond/ to the heart

to_the_heart
マークアーモンドのto the heartを聞いたのは中学2年の時。s山君に借りたLPだった。
vo、gのJon Mark、reeds、vib、何でもこなすJohnny Almondの二人を核とした、
カテコライズが難しいユニットだ。

s山君のお兄さんは、どうもジャズやプログレが好きだったようで、
初期のweatherやわけの分からんプログレを、度々借してくれた。
(僕はかわりに姉のレコードを勝手に貸していた)。
s山君(のお兄さん)から借りたレコードは難しいものばかりだったけれど、
このアルバムには針を落した瞬間に、ヤラレテしまった。即レコード屋に行ったのは言うまでもない。

マイケルフランスとともに、僕のお気に入りになった彼らの音楽 は当時、city musicと呼ばれていた。
マイケルの音楽は彼の音楽としか言えないけれど、サンタナもマークアーモンドも種々の音楽を彼らなりの個性で
ぐちゃぐちゃに混ぜたような混沌なものを感じた。

…誰が書いたか覚えていないけれど、
'蝙蝠傘とミシンとの出会い'というフレーズがサンタナのライナーノーツには毎度現れていた。
良い表現とは言えないがMark Almondの音楽も同様のわけの分からなさと強い個性があった。

色々な音楽に接っしている中で、彼られの音楽に四半世紀以上も付きあっているのは、
そんな強い個性によるところに拠ると思う。
こんな面白い、時には胸キュンな音楽を創ってくれたことに感謝したい。

Mark Almondは沢山のアルバムを出しているけれど僕が聞いたことがあるのは、
1st、2nd、'73'、'rising'、'to the heart'、'other peoples room'。

このうちcd化されていないのは、最高傑作と思っている'to the heart'。
他のアルバムが相次い国内CD化されたのに解せないところだ。
(ドイツのメーカーがCD化したらしいが、見たことない。)

ここでは僕の特に好きな3枚について、印象を書きたい。
Jonの書く曲は、本当に良い曲ばかり、知らない人には是非聞いてもらいたい。
(万人受けするとは言えない声質が、ちょっと引っかかるけれど。)

<2nd>
mark_a2

dsレスのバンドからスタートしたが、なんと2作目からはDannie richmondが参加。
a面のthe sausalito bay suite、b面のjourney through new england、共に組曲であり、物語性が強い。
トラッドフォークをベースにジャズ、ボサノバ、エスニックなものが入り交じっている。
Jonの声は、ポップスを歌うには垢抜けてないけれど、
なんとも言えない渋さといやらしさが、僕にはちょうど良く感じる。

Dannie Richmondの参加も、良い効果をうんでいる。
牧歌的なトラッドフォークから急速なジャズワルツに移行する部分なんてスリリング。
彼にとっては、わけない演奏であったとしても。
 (次作risingでもdannieは繊細なdsを聞かせてくれる。
  裏ジャケットクレジットには楽器名とともに'what do you need more ?'と。
  彼への信頼が良くわかる。)

<to the heart>
1曲目はBilly Joelのnew york state of mind。
多くの人がカバーする名曲だけれど、僕はこれ以上の演奏は無いと信じている。
ローズ1本で始まるイントロ。これだけで多くの人はイチコロになると思う。
その後の構成も、非常に良く練られている。
ベース、ローズだけをバックに歌うJon。2コーラス終盤にハモンドの微かな音が聞こえdsが加わり厚いブラスをバックにJohnnyのコブシの聞いたasのソロが。テーマ後のエンディング(to the cityと言う曲名がある)は、脈絡無くボサノバになるのだけれど、このアイデアもとても面白い。

他の曲は、今聞くと古臭いところも僅かに感じるものの、メロディ、アレンジ、演奏…全てが全ての曲で良い。
特にアレンジに関してはとても細かいところまで、仕掛けがあり聞くたびに、耳が吸い付いてしまう。
アルバム制作には大変な労力が掛かったと想像できる。

このアルバムのdsはBilly Cobham。
さすがに上手く、Jonの歌に合わせ繊細に、或る時は持ち味であるパワフルなドラミングで、
今まで以上に強い緩急・強弱をバンドカラーに与えている。
・・・・組曲風である2曲目“Here comes the rain”は、Billyあっての曲だ。

3曲目Trade Winds, 4曲目One more for the road, 6曲目Evreyboday needs a friendは
Jonらしい優しいメロディで彼の歌の上手さも良く分かるチューン。
長年、この二人に連れ添ったTommy Eyreの鍵盤、それからGreg BlochというVln奏者のジャズロック風な演奏も
アルバムカラーの重要な要素となっている。

<other peoples room>
other_p

同時期に発表されたMicheal Franksのburchfield ninesと参加ミュージシャンが重なっていることも興味深い1枚。(John Torpea…..かっこよすぎ。ガット、Will Lee、Ralph McDonald。更にマイケル作のvivaldi’s songが双方に収録されていた。)

彼らの作品は洗練された部分と、ひどくダサい部分が混在していたが、このアルバムは、前者が強調された作りだ。
1stの名曲the cityが再演されているのも嬉しいがJonny Almondの影が薄いのが淋しい。
AORとしてもfusionとしても最高峰に位置する傑作だ。

とっても長い文章(それも駄文)になってしまった。
多くの音楽ファンに聞いてもらいたい、アルバムなんだけどなあ。
Tommy Eyre, Roger Suttonの二人のMark AlmondバンドOBが参加しているRiff Raffも面白いよ。
(1枚しか聞いてないけれど。)


|

« サンタナが来る! | Main | ベース('05/5下~6上) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジャズへの入口 2 Mark Almond/ to the heart:

« サンタナが来る! | Main | ベース('05/5下~6上) »