« CD購入('05 5/8) | Main | 夏の朝の露草 George Cables / Cables’ Vision »

May 11, 2005

trio Friedrich – Hebert - Moreno

trio_friedrich
別に好きなバンドでないけれど、cheap trickと言うロックバンドがあった。記憶に間違いが無ければg×2,b,dsの4人組で、とても楽しいライブパフォーマンスに定評があった。
trio Friedrich – Hebert - Moreno。このCDの裏ジャケットを見て思い出したのは、Cheap trick。
…真中の貴公子みたいな男の子に従える、人の良さそうな二人のおっさん。
Cheap trickも美男子二人と、楽器のうまいおっさん二人のバンドだったように記憶している(今もあるのかな?)

で、このピアノトリオはすんごく良い。手にいれたのは数年前だけれど、その年のベストと思ったくらい。
リーダーJuergen FriedrichのSummerflood はKenny Wheelerを迎えた作品。また、このCDのライナーノーツはJohn Taylorが書いていると言えば、なんとなく音が聞こえてくるかもしれない。

trio_friedrich2
真っ先に頭に浮かんだのはPeter Erskin, Palle Danielson, John Taylorのトリオ(彼らは凄い!)。
Tony Morenoのds、 John Hebertのbもアースキン、パレの影がチラホラ見え隠れする。
二人の絡む部分が、そこら中にあるのだけれど、パレ・アースキン的。
バンドの音は、アースキントリオをよりアグレッシブにして甘さを排除したような印象だ。

全9曲のこのアルバム、ラストのライブ録音は個人的には?なのだけれど、残り8曲は皆とても良い出来だと思う。
1曲目Surfacing(アルバムタイトル)、6曲目Hydra、8曲目Monchichiが、彼らの演奏を良く表しているかもしれない。
自由に伸び縮みするリズム、鮮やかに変化するメロディ。
こんな演奏一体、どうやっているのだろう。
CueはおそらくJuergenが出していると思うのだけれど、特に1曲目の目まぐるしい展開は、とてもスリリング。
8曲目はカリプソ的なリズムを交えた楽しく、またキレイな曲。
後テーマで、テンポが一度落ちて、そこからテンポアップしながらドラムソロに流れ込む部分は圧巻。
テーマリフをバックにドラムソロを取るのも、アースキントリオ的では、あるのだけどね。
(例えば、as it isのEsperanca)

John Herbertの長めのベースソロで始まる4曲目Shadowsは、このCDの中では唯一単純な構成のワルツ。
Johnのブンブン唸りながら、時折立ち止まるようなリズムアクセントが面白い。
7曲目The Truth Is Out Thereは、ちょっと煮え切らない中にも、リリカルなJuergenのピアノが堪能できる。
3曲目Azureはエリントンの曲らしい。霧の中から音が聞こえてくるような演奏。

ラスト9曲目は、フリーインプロの曲。
ライブ録音で、とってもスリリングなのだけれど、8曲目までで十分満足している身には、ちょっと余分のような気がする。

Naxosレーベルは、このプログでは2枚目の紹介。(Lars Moller)
ピアニストのMike Nockの主催するこのレーベル、1000円程度の廉価盤なのだけれど、外れが余り無い。
どちらかというと無名のミュージシャンを世の中に紹介するような面白いスタンスのレーベルなのだけれど、最近、新作をばったり見なくなってしまった。もっと、色々出してもらいたいなあ。

また、このCDに戻るけれど、新品を1000円以内で買えるんです。このCD。
もし、見つけたら騙されたと思って、是非お試し下さい。
このトリオも、もう2枚CDをリリースしていた(↓)。あ~これも聞きたい・・・・
http://www.juergenfriedrich.net/index_e.htm

==============================================
trio Friedrich-Hebert-Moreno / Surfacing (Naxos 2001)
Juergen Friedrich (p), Tony Moreno(ds), John Hebert(b)


|

« CD購入('05 5/8) | Main | 夏の朝の露草 George Cables / Cables’ Vision »

Comments

NaxosはクラシックのCDを何枚か持っていますが、ジャズのCDも扱っているのですね。
今度さNaxosのサイトを覗いてみたいと思います。
表も素敵なデザインのジャケットですね。

Posted by: かけだ紫 | May 11, 2005 12:17 a.m.

そうそう、Naxosはクラシックの方が有名かもしれませんね。
昨日書きながら、Mike Nock主催って言葉は妥当でないと思ってました。雇われプロデューサーって方が正しいのかも。
それとも、クラシックも見てるのかしらん?

ちょっと、アグレッシブなところもありますが、良かったら聞いてみてください。

ではまた。

Posted by: しぶちゃ | May 11, 2005 11:27 p.m.

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference trio Friedrich – Hebert - Moreno:

« CD購入('05 5/8) | Main | 夏の朝の露草 George Cables / Cables’ Vision »