« ベース ('05 4/29 ,5/2)、ライブ鑑賞(5/3 河原秀夫トリオ) | Main | Sardiniaから大海へ Ajo/ajo »

May 04, 2005

だら~んだけど、すんごい。 Alan Gibert / Chriot d’or

alain_gibert
5年位前にUnionの広告に男性版Brigitte Fontaineって載っていたのが目を引いた。
リーダーの名前は知らないけれど、bのBruno Chevillon とclのLouis Sclavisの名前が。
ジャケは、おそらくAlanのポートレイトと思われるが、ご覧のとおりヘンテコなデザイン。
大当たりか、大外れのどちらかだろうなと思って、御茶ノ水店に取り置きしてもらった。

・・・…結果は大当たり!!
確かにFontaineと同様、カテコライズが難しい音楽かな。まあ、そんなことは、どうでも良い。
編成はAlanのtbとvoとp、BrunoのWb、Louis Sclavisのcl, b-cl, ss、Jean Louis MntinerのAccordionのカルテットだ。おそろしく楽器の上手い4人(Alanは少し謎なのだけれど)に、なんともとぼけたAlanのヴォーカルが載っかった郷愁味・哀愁味溢れるトラッドミュージックと言えば良いのかな。

フランスにこんな伝統音楽があるのか分からんけれど、シャンソンっぽい味付けもあることはある。
・・・結局カテゴリー付けしようとしてますが。

基本的に、気持ちのいい日に、気持ちの良い部屋で、だらーんとしながら聞くのに最適な音楽。
とても脱力した音楽である。
んだが。・・・やっていることは、かなりすごい。
だらーんとして聞くのも良いし、ヘッドフォンで一音漏らさず聞くぞって気分でも聞けちゃう。
まあ、後者は疲れちまうし、少々バカらしいので、
ダラーんとしながら、今のは一体何?って、そこの部分のみ1時停止リピートするのが正しい聞き方かも。

随所に演奏面で聞きどころはあるのだけれど…。
1曲目、13曲目のcl類のオーバーダビング部の美しさ。
2曲目:accordionとbによるバッキングの凄まじさ。
accordionは鍵盤ではなく、管楽器じゃないかしらって思ってしまう。でも管ではこの演奏は絶対無理。
ChevillonもMarc Johnsonのような機関銃フレーズを絶え間なく引き続ける凄さ!
この凄いバッキングに載るSlavisのバスクラのソロも熱い!
3曲目:ゆるいワルツであるけれど、Chevillonのbをバックに、vo → tb→ acc→ tb,acco → accとソロを交換。Tbのソロの後のaccの出だしがスリリング。
12曲目のAccordionとbの間奏部のかっこよさ。このベースソロもMarc様的と言えないことも無いけれど。

AccordionのJean Louis Mntinerは、その後名前をたまに見かける。
僕が他に持っているのは、超絶5弦ベーシストRenaud Gracia-Fonsとのduo“Fuera(Enja)”だけれど、こいつも、なかなかの好盤。…ジャズではなく、タンゴだけどね。
Nelson Velas(g)との共演アルバムなんてのもあるのだよなあ。→いつか聞いてみたい。

話を元に戻すと、このアルバムは僕の手持ちの中でも、最もハイセンスなものと思ってる。
(この辺は、趣味の問題だけれど。)
たまにUnionの中古とかでも見かけるので、興味がある方は是非。

=====================================================================
Alan Gibert / Chriot d’or(Silex)
Alan Gibert(tb,vo,p)、Bruno Chevillon(b)、Louis Sclavis(cl, b-cl, ss)、Jean Louis Mntiner(Accordion)
’94 10月?録音


|

« ベース ('05 4/29 ,5/2)、ライブ鑑賞(5/3 河原秀夫トリオ) | Main | Sardiniaから大海へ Ajo/ajo »

Comments

おはようございます。
そのジャケット見たような記憶があります。
SILEX関連ではこんなアルバムを持っておりました。
ANDRE RICROS/LOUIS SCLAVIS
LE PARTAGE DES EAUX(SILEX)
摩訶不思議なサウンドが展開されていた記憶が・・・
数年前、中古屋で安価で買いました。
今から久しぶりに聴いてみます。

これにもALAIN GIBERTが参加していました。
いままで全然気付かなかったです。
アレンジとサンプラー、リズムプログラミングで参加とあります。

Posted by: V | May 05, 2005 at 07:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74992/3975513

Listed below are links to weblogs that reference だら~んだけど、すんごい。 Alan Gibert / Chriot d’or:

« ベース ('05 4/29 ,5/2)、ライブ鑑賞(5/3 河原秀夫トリオ) | Main | Sardiniaから大海へ Ajo/ajo »