« Wayne Shorter / Speak No Evil | Main | 僕の好きなstefano bollaniのアルバム »

January 19, 2005

stefano bollani / concertone

concertoneボラちゃん(stefano bollani)万歳!
というより、「やりたいことやったね。おめでとう。」って言いたくなるアルバム。

ボラちゃんは、これまでも沢山のリーダー作をリリースしてきたけれど、
最近はフランスのLabel Bleuを根城にした活動をしている。

Label Bleu1作目、Les Fleurs Bleuesは風の気持ち良い初秋に手に入れたこともあって、
爽やかなイメージ、それに、ほんのちょっと猥雑なものが適当にブレンドされた名盤だと思う。
(挿入されている、動画がなかなか良い。)
2作目Smat Smatは彼の持ち味ともいえる、シニカルさが強調された作品で、僕はあまり、なじめなかった。

で、この3作目、Stefano Bollani Trio とOrchestra Della Tscanaとの共演。
ジャケを開くと、いつになく澄ました、真剣な表情の写真がある。
これだけの、大作、準備も要したし、緊張もしたのだろう。

内容はというと、管弦楽団をバックにしたピアノコンチェルト的な色彩を基調に、
ある時はブラス中心のビッグバンド的な音、しっとりなピアノトリオ、ボラちゃんの得意な強烈なソロピアノ。。。。。
色々な場面が出てくる。

大編成の演奏は聞きなれないこともあり、最初は聞き方に戸惑ったが、
何回か聞くうちにこのアルバムが大好きになった。

本気かどうか分からない、甘~いメロディ、せつなさ、猥雑さ、いたずらな気持ち。。。
ボラの気持ちが、おもちゃ箱(それもいたずらっ子の)をひっくり返したように、あふれ出て来る

5,6曲目は旧作で聞き覚えのあるメロディ。最後のMy Funny Valentineもファンにはうれしいところ。
このアルバムは、ボラちゃんの書いた甘いメロディを好きになって、それを楽しんで弾いている様子を
想像すると、とても好きになれると思う。

ラバとの次のコラボも楽しみだけれど、次回作にも期待したい。

==================================================

Stefano Bollani/ Concerton(Label Bleu LBLC6666)
Stefano Bollani(p), Ares Tavolazzi(b), Walter Paoli (ds)
with Orchestra Della Toscana
Arranged by Paolo Silverstri


<ジャズ(イタリア)>


|

« Wayne Shorter / Speak No Evil | Main | 僕の好きなstefano bollaniのアルバム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference stefano bollani / concertone:

« Wayne Shorter / Speak No Evil | Main | 僕の好きなstefano bollaniのアルバム »