« palmを買い換えた。 | Main | ギョロ目のHamiett »

January 29, 2005

天井を歩きながらピアノを弾く。。。Myra Melford

myra

7年くらい前に、Disk Unionから確かWhat’s Newという小冊子が出ていた。
Disk Union, Waveなどで、大量の輸入盤の前で途方にくれた時、
この冊子は、参考になった。



今は、ネットで色々なことが調べることが出来し、逆に個人的な意見を気軽に発信することが出来る。
あの小冊子を、飽きずに何度も何度も眺めていた頃が懐かしかったりする。
ベットに寝転がりながら、あーでもない、こーでもないと、音を想像したものだ。

Myla Melford, D.D. Jackson, それからBojan Z。
少し過激だけれど、胸キュンな部分を持っているピアニストたち。
彼らを知ったのも、この冊子だった。
(それにしても、この人たちの名前って、格好いいよなあ。)

Myra Melfordのこのライブアルバム、すんごく好きなのだけれど、
買って1年ほどして、”Part I & II Frank Lloyd Wright Goes West to Rest”という曲名を見つけた。
Frank Lloydは日本建築の影響も受けた(窓が多いことなど)、アメリカの建築家。

何気にライナーノーツを読むと、Myraは3歳から18歳まで、Frank Lloydの家に住んでいたらしい!
(今ネットで、検索したらLloydの家って、売っているのね。・・・これも驚き。
Myraの家はイリノイだったので、初期の作品*と思われる。)

*建築を作品と呼ぶのは嫌いなのだけれど。。。

彼女の家は、他のLloydの作品同様、窓が沢山あり、内装も凝ったものだった。
入隅、出隅の陰影、窓からの光。光と影が交錯する素敵な家だったに違いない。
天井にも沢山の装飾がなされていて、
幼いときの彼女は、鏡で天井の装飾を見ながら、家中を歩き回った。
・・・・天井を歩いてる気分で。

このアルバムは、Myraが住んだLloydの家の話を想像しながら聞くと面白い。
キャッチーな曲と、アブストラクトな曲、光が輝くようなメロディと、湿って暗いメロディ。
とても、強烈なコントラスト。
なんとも、おどろおどろしいベースラインの上で、展開されるハッピーなピアノソロ。

夏の日本家屋の奥の部屋から覗いた、庭の強烈なコントラスト。
Myraの家も、そんな雰囲気だったのだろう。
鏡で天井を見ながら歩くような、ピアノソロ。。。。。

しかし建築作品を見るような構成美に満ちた、この演奏。
Improvisationを中心にした音楽なのに、どうしたら、こんな演奏が出来るのだろう。

Myra Melford/ Alive in the House of Saints(hat ART CD6136)
Myra Melford(p), Lindsey Horner(b), Reggie Nicholson(ds)

<ジャズ(アメリカ界隈)>

|

« palmを買い換えた。 | Main | ギョロ目のHamiett »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天井を歩きながらピアノを弾く。。。Myra Melford:

» 生ピアノと箱ギターのコール&レスポンス!〜ジャズ的ピアノバッキングのコツ〜 [これだからジャムは止められない!!]
 それでは今回で  ジャズ的ギターソロへの  バックの反応解説は一応終結!  オオトリは、動画の中で  僕のギターソロを  豪快なグランドピアノサウンドで  盛り立ててくれました、  菅沼君にインタヴューをしたいと思います!  ま....... [Read More]

Tracked on January 18, 2006 08:10 p.m.

« palmを買い換えた。 | Main | ギョロ目のHamiett »