« 天井を歩きながらピアノを弾く。。。Myra Melford | Main | Good Music or Bad Music ? Lee Konitz »

January 30, 2005

ギョロ目のHamiett

bluiet気分によって、チョイスする音楽は変わってくることってある。
忙しくてハチャメチャなとき、少し気分が暗いときは、つい手が伸びるCD。
忙しい時は・・・ Franklin Kiermyer / Solomon’s Daughter
または、Miles Davis / Live at The Fillmore East。。。。
ヘッドフォンで大音響で音を鳴らしながら・・・
集中力と音楽がシンクロした時は、うそみたいに仕事がはかどっちゃう。
(気のせいです。)

暗い時は?なぜかOrnetteなんてこともあるけれど、
やっぱり、これ。
バリトンサックス奏者Hamiette Bluiett / with Eyes Wide Open。

タイトルどおり、目を大きく開けて、何でも見て、理解して、
行動してごらんよ、と言う気持ちになれる。
全9曲中、1曲だけは、少しアブストラクトな曲で異彩を放っているけれど、
他は、おおらかな、やさしい、ユーモアセンスに溢れた・・・・
要するに、気持ちが落ち込んでいるときに足りないものが詰まっている。

1曲目のお茶目なラテンナンバー、
Don PullenとHamiettがそれぞれ作曲した素敵なLove song、2曲。
MonkとWesという妙な組み合わせの二人に捧げた軽快なブルース。。。。

Hamiettというと、泥臭さ、アバンギャルドな面が、なんとなく想像されるのだけれど、
ここでは、むしろ可愛らしいところ、洗練されたところを感じる。

ライナーノーツにあるように、
Keep your eyes, ears, heart, mind and options Wide Open!
聞けば、きっと楽しい気分になれる。

========================================================
Bluiett / with Eyes Wide Open (Justine Time Just 138-2)

Buluiett (Baritone sax), Nasheet Waits (ds)
Jaribu Shahid (b), Ed Cherry(g)

追記:Hamiettは、単にBluiettと表記されている。
このアルバムではEd Cherryのギターが素晴らしく良い。
また、Fred Harshのライブでかっこえーdsを聞かせてくれた、Nasheet Waitsの参加もうれしい。

<ジャズ(アメリカ界隈)>

|

« 天井を歩きながらピアノを弾く。。。Myra Melford | Main | Good Music or Bad Music ? Lee Konitz »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ギョロ目のHamiett:

« 天井を歩きながらピアノを弾く。。。Myra Melford | Main | Good Music or Bad Music ? Lee Konitz »