« Jazzinaria / Dipinto di Blu | Main | Katrine Madsen / Close to You »

January 23, 2005

Enrico Rava & Stefano Bollani

昨年末に行った、ラバ・ボラーニのライブ。
曲目だけでも、書いておこうっと。

1. Rain
2. Algir Dalbuhi
3. Nature Boy
4. Cheek to Cheek
5. Unknown title (tribute to Ornette Coleman)
6. Estate
7. Tango for Vasques Y Pepita
8. Le Solite Cose
9. The Way You Look Tonight
10. Happiness Is to Win A Big Prize(encore)

僕が行ったのは12/9。
橋本の会場を選んだのは、そっちの方が空いていて、良い席が取れると思ったから。
なんのことは無い、1列目のとても良い席。観客も50名ほど、と二人の演奏者には気の毒だった。

以下、某掲示板で書いたインプレの抜粋。
文中にあるように、モチアン、ラバ、ボラのトリオ、気になるなあ。(聞き間違いの可能性も大だけれど。)

ボラはシャイな雰囲気でしたが、中盤に差し掛かってから悪ガキぶりも発揮。
ピアノの奏法のことは全然分かりませんが、CDで聞くのと同様(それ以上?)の表現力だった。
ピアノってこんな音色も出せるんだあ。。。と。
ラヴァがボラをオーケストラ・ステファノボラーニって紹介していたけれど、正にその通り。

ほんのちょっと口笛も披露してくれたけれど、ガラス細工みたいでキレイだった。

ラヴァは、もう少し吠えるところ見たかったけれど、曲想の関係もあって、かなり端正な演奏。

曲目は、スタンダード、ラバのオリジナル。。。最近のCDで取り上げられているものばかり。
春出されたECM盤、PhilologyのRava plays Ravaからも数曲。
僕の大好きなTango for Vaasgues Y Pepitaもやってくれた。

スタンダードは、Nature boyとThe way you love tonight、Cheek to cheek
アンコールはデンマーク盤の、Happiness to win the big prize.
この賞はお金がとても良かったんだよって、嬉しそうに話してた。

先週?ボラ・ラバ・モチアンのトリオで録音したらしいのだけど、その中の1曲も初お披露目。
(オーネットへのトリビュートって言ってたような気がする。)
ボラは、本当にやるのかい?って表情でした。

その他、二人でピアノの位置替えちゃったり、ラバがパスポート見せてくれたり、
色々なハプニングがあって、とても楽しいライブだった。

・・・ピアノ動かしちゃったのは、ボラが高音部を執拗に弾いてて、もう鍵盤が無いよ、
それなら、ピアノ動かせば新しい鍵盤が出てくる?と言うパフォーマンス。

多分この二人、相思相愛の永遠のパートナーだと思うから、これからも見る機会あると思うな。

<ジャズ(イタリア)>

|

« Jazzinaria / Dipinto di Blu | Main | Katrine Madsen / Close to You »

Comments

初めまして、アーティチョークと申します。オラシオさんのブログからブ~ンと飛んできました。よろしくお願いします。
実は私もBollaniのファンで、橋本のライヴへも行きました。真ん中右よりの前から3列目におりました。あれは本当に楽しくて素晴らしいライヴでしたね。それなのにオーディエンスがあまりに少なくて、なんてもったいないことだと思いました。
しぶちゃさんの好み(ひねくれたものがお好きなところ)は私と似ているかもしれません。恐れ入りますが、リンクさせていただいてもよろしいでしょうか。

Posted by: アーティチョーク | September 03, 2005 at 11:13 PM

アーティチョークさま
素敵なお名前ですね。
今さっきまで、アーティチョークさんのブログ見てました。
とっても、いいっす。
音楽の方は僕の知らないものばかり。興味津々です。
リンクの方、僕もよろしければ、させてください。

よろしくです。

PS
ボラ&ラヴァ。よかったですね。
サイン貰ったんですか。うらやましい。
それほど、ライブ行くわけで無いですが、今まで行ったライブでは最高に楽しかったかもしれない。

機会があったら、またあの二人みたいです。

ボラ盤、新旧いくつか、そろそろ手に入ると思います。
良かったらコメント書きますね。

Posted by: しぶちゃ | September 04, 2005 at 09:55 AM

サインは直接貰った訳ではないんですよ。帰りを急いでいたので、会場のスタッフのかたにお願いしたら、楽屋にいた2人に頼んでくださったんです。いまから思えば、辛抱強く出待ちして、下手な英語でもいいから挨拶してサインを貰い、握手もしてもらうんだったとちょっぴり後悔しています。女性がステージ上のRavaとBollaniの2人にプレゼントを渡していましたよね。今度は私もプレゼント用意しておいて、ブツと引き換えに堂々と本人からサインを貰おうと思います(笑)
しぶちゃさんのBollani作品のレヴューも楽しみにしています。
お言葉に甘えて、さきほどリンクさせていただきました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

Posted by: アーティチョーク | September 04, 2005 at 04:26 PM

アーティチョーク様
私もリンクしました。説明文にちょっと、良くない表現があるかも。気になったら訂正します。

橋本では、僕も10分は待ったのですが、ロビーは閑散としているし、
売っているCDは全部持ってるし(コアなファンしか来ないのだから、もっと変なのを持ってきてよね)、
結局帰ってしまいました。(というか、その辺の飲み屋で、余韻に浸っていたのですが。)

プレゼントですか。ボラはカエル顔だから、カエルのピアノ弾きが良いと思うなあ。

Posted by: しぶちゃ | September 04, 2005 at 05:38 PM

びっくりしました。こんなにステキに紹介してくださって本当に恐縮です。
しぶちゃさんのブログから飛んで来られたかたが、「う~ん、なんちゅうおちゃらけたブログなんだ。」と呆れてがっかりなさらないかと、かえって心配になりました(^▽^;) が、もう手遅れなので、これからもあの調子のまま、皆さんに楽しんでいただけるブログを目指してぼちぼちと続けていきます。
この度は相互リンクをしていただきまして本当にありがとうございました。今後とも、どうかよろしくお願いします。

Posted by: アーティチョーク | September 06, 2005 at 11:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74992/2665906

Listed below are links to weblogs that reference Enrico Rava & Stefano Bollani:

« Jazzinaria / Dipinto di Blu | Main | Katrine Madsen / Close to You »